アルファロメオ・レーシングの2019年09月のF1情報を一覧表示します。

キミ・ライコネン 「もっと早くにF1をやめていると思っていた」

2019年9月27日
キミ・ライコネン 「もっと早くにF1をやめていると思っていた」
2007年のF1ワールドチャンピオンであるキミ・ライコネンは、18年前にF1キャリアをスタートしたときは“もっと早く”にF1をやめていると考えていたと語る。

2001年にザウバーでF1デビューを果たしたキミ・ライコネンは、今週末のF1ロシアGPで307回目のスタートを切ることになり、レース数でミハエル・シューマッハとジェンソン・バトンを上回ることになる。

FIA、アルファロメオ・レーシングのF1ドイツGPの裁定への抗議を却下

2019年9月25日
FIA、アルファロメオ・レーシングのF1ドイツGPの裁定への抗議を却下
FIA(国際自動車連盟)は、F1ドイツGPのペナルティに対するアルファロメオ・レーシングの抗議を却下。レース結果が確定することになった。

雨で波乱のレースとなったF1ドイツGPで、キミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィはそれぞれ7位と8位でチェッカーを受けたが、レーススタート時のクラッチのセッティングに違反があったとして30秒が加算され、トップ10圏外に降格した。

アルファロメオ、ジョビナッツィが3度目の入賞 / F1シンガポールGP

2019年9月24日
アルファロメオ、ジョビナッツィが3度目の入賞 / F1シンガポールGP
アルファロメオ・レーシングは、F1シンガポールGPの決勝レースで、アントニオ・ジョビナッツィが10位、キミ・ライコネンはリタイアでレースを終えた。

フレデリック・ヴァスール(チーム代表)
「ジェットコースターのようなレースで1ポイントを獲得できたのはポジティブだが、今夜の展開を考えると少し悔やまれる。アントニオは素晴らしいなレースを走り、ほぼミスを犯すことなく、セーフティカーがあと数周早くに導入されていれば、彼にとって信じられないほど素晴らしい結果となっていたかもしれない」

キミ・ライコネン 「クビアトが視界に入ったときには手遅れだった」

2019年9月24日
キミ・ライコネン 「クビアトが視界に入ったときには手遅れだった」 / F1シンガポールGP
キミ・ライコネンは、F1シンガポールGPの決勝レースでのダニール・クビアトとの接触を釈明。視界に入ったときには反応するには手遅れだったと語った。

12位を賭けてキミ・ライコネンとバトルを展開していたダニール・クビアトは、残り12周目の1コーナーでイン側からオーバーテイクを試みた。しかし、両者は接触してキミ・ライコネンはフロントサスペンションを壊してリタイア。ダニール・クビアトは15位でレースをフィニッシュすることになった。

アントニオ・ジョビナッツィ、クレーンに近づきすぎで10秒ペナルティ

2019年9月23日
アントニオ・ジョビナッツィ、クレーンに近づきすぎで10秒ペナルティ / F1シンガポールGP
アルファロメオ・レーシングのアントニオ・ジョビナッツィは、F1シンガポールGPでクリーンに近づきすぎたことに10秒加算ペナルティを科せられたが、11位のロマン・グロージャンと17.6秒差でフィニッシュしていたため、10位を維持した。

インシデントは、ターン8の立ち上がりでロマン・グロージャンともつれたジョージ・ラッセルがクラッシュし、マシンを回収するためにクレーンが出動した際に起こった。

アントニオ・ジョビナッツィ 「シート喪失の危機は把握している」

2019年9月21日
F1 アントニオ・ジョビナッツィ 「シート喪失の危機は把握している」
アントニオ・ジョビナッツィは、2020年にアルファロメオ・レーシングのシートを喪失する危機にあることは承知していると語る。

ルノーのシートを失うことが決定しているニコ・ヒュルケンベルグは、ハースのシートを獲得することができず、残すはアルファロメオへの移籍に望みを託している。

ニコ・ヒュルケンベルグ、残る選択肢はアルファロメオ・レーシング

2019年9月19日
F1 ニコ・ヒュルケンベルグ、残る選択肢はアルファロメオ・レーシング
ニコ・ヒュルケンベルグの残る選択肢はアルファロメオ・レーシングとなっているが、フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、現在アルファロメオ・レーシングのドライバーを務めるアントニオ・ジョビナッツィに“自信”を持って残りのシーズンを戦うようアドバイスした。

フェラーリは、アルファロメオ・レーシングのドライバーとして育成ドライバーのアントニオ・ジョビナッツィを送り込んだが、ここまで3ポイントしか獲得できず、31ポイントを獲得しているチームメイトのキミ・ライコネンと比較して全体的に下回っている。

リシャールミル、キミ・ライコネンの限定モデルを発表…1億円超え

2019年9月19日
F1 リシャールミル、キミ・ライコネンの限定モデルを発表…1億円超え
リシャールミルは、アルファロメオのキミ・ライコネンの限定モデルとなる『RM 50-04 トゥールビヨン スプリットセコンドクロノグラフ キミ・ライコネン』を発表した。

RM 50-04は、キミ・ライコネンとアルファロメオレーシングチームに捧げた時計。アルファロメオ・レーシングのF1マシン「C38」の白色は、ベゼルとケースバックのホワイトクオーツTPTで表現されている。

アルファロメオF1 「目標はマクラーレンとルノーを倒して選手権4位」

2019年9月17日
アルファロメオF1 「目標はマクラーレンとルノーを倒して選手権4位」
アルファロメオ・レーシングのF1チーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、2019年のチームの進歩に満足しており、チャンピオンシップでマクラーレンとルノーを倒して“ベスト・オブ・ザ・レスト”の4位を狙っていると語る。

今年、ザウバーからアルファロメオ・レーシングへの名前を変えたヒンウィルのチームは、キミ・ライコネンと契約して大幅な一歩を踏み出した。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム