アントニオ・ジョビナッツィ、クレーンに近づきすぎで10秒ペナルティ / F1シンガポールGP
アルファロメオ・レーシングのアントニオ・ジョビナッツィは、F1シンガポールGPでクリーンに近づきすぎたことに10秒加算ペナルティを科せられたが、11位のロマン・グロージャンと17.6秒差でフィニッシュしていたため、10位を維持した。

インシデントは、ターン8の立ち上がりでロマン・グロージャンともつれたジョージ・ラッセルがクラッシュし、マシンを回収するためにクレーンが出動した際に起こった。

スチュワードの声明によると「レースディレクターは、ターン8でクレーンとマーシャルがその場所でのクラッシュに取り組んでいるため、すべてのマシンにターン8で右側に留まるよう指示した。インシデントの前にはダブルイエローが振られていた」と説明。

「スチュワードは、十分にゆっくり走行していると感じているというドライバーの説明を受け入れ、彼はセーフティカーのデルタタイムに走行していたが、その場所にいたマーシャルやレースディレクターが安全だと感じるよりもクレーンとマーシャルの近くを走行していた」

「ドライバーは事故の場所を知っており、右側に留まるように伝えられていたが、クレーンが動いているとは考えていなかったのかもしれない」

「スチュワードは、これは潜在的に深刻な危険な状況であり、マーシャルに対してリスクであったと考えている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アントニオ・ジョビナッツィ / F1シンガポールGP / アルファロメオ・レーシング