F1 アントニオ・ジョビナッツィ 「シート喪失の危機は把握している」
アントニオ・ジョビナッツィは、2020年にアルファロメオ・レーシングのシートを喪失する危機にあることは承知していると語る。

ルノーのシートを失うことが決定しているニコ・ヒュルケンベルグは、ハースのシートを獲得することができず、残すはアルファロメオへの移籍に望みを託している。

フェラーリとの強いつながりがあるアントニオ・ジョビナッツィだが、シーズンを投資て将来についての憶測に晒されている。

「プレッシャーは常に感じている」とアントニオ・ジョビナッツィはシンガポールで Motorsport-Magazin.com にコメント。

「カート時代でさえ、それを維持するだけのお金は持っていなかった」

「F3やF2ではミスを犯すたびに彼らが僕を交代する可能性があることをわかっていた。F1ではさらにそうかもしれない。でも、それもゲームの一部だ」

現アルファロメオ・レーシングのF1チーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、ジュニアカテゴリーでニコ・ヒュルケンベルグのボスを務めていた経験があり、ドライバー交代をフェラーリに訴える可能性がある。

アントニオ・ジョビナッツィは「僕がわかっていることは、いい仕事を続けて、モンツァのような結果を出していくことだけだ」とコメント。

「ポール・リカール以降、ペースはある。特に予選ではキミに近づいている。シーズン序盤からのメインの問題はレースペースだ。でも、それも良くなってきている」

「とにかくすべての週末で良くなっていく必要がある。残りのシーズンで良い結果を出すことができれば、誰も僕の代わりにはなれない。それが僕の唯一の焦点だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アントニオ・ジョビナッツィ / アルファロメオ・レーシング