「アルボンはレッドブルF1史上最悪のセカンドドライバー」とヴィルヌーブ
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、アレクサンダー・アルボンを“レッドブルF1史上最悪のセカンドドライバー”だと酷評する。

成績不振によって崖っぷちに立たされているアレクサンダー・アルボンだが、先週末のF1エミリア・ロマーニャGPではポルトガルに続いて再びノーポイントで終了。終始ミッドフィールドを抜け成せなかったアルボンは、特に終盤の単独スピンは印象をさらに悪いものにした。

ジャック・ヴィルヌーヴは、アレクサンダー・アルボンに完全にうんざりしている。

「彼はレッドブルの場所にふさわしくない。アルボンはレッドブルF1で史上最悪のセカンドドライバーだ」とジャック・ヴィルヌーヴはコメント。

「しかし、彼はチームマネジメントから保護されており、常に自信を持っているが、彼はレッドブルのドライバーが持つべきレベルではないのは確かだ」

「彼らが彼を助けようとし続けているにもかかわらず、彼は悪化している」

ジャック・ヴィルヌーヴによると、アレクサンダー・アルボンがまだレッドブルをドライブしている理由は非常に明白だ。

「タイのオーナーは会社の半分を所有しているため、彼はパスポートを介してのみそこにいる。それが彼が保護されている理由だ」とジャック・ヴィルヌーヴは語った。

また、ジャック・ヴィルヌーヴは最近のピエール・ガスリーにかなり興味を持っている。

「彼はアルファタウリに留まらなければならないことにまだ腹を立てているので、非常にアグレッシブに運転している。彼のドライビングスタイルにそれを見ることができる思うだ。だが、それは素晴らしいことだ」

ピエール・ガスリーは、5番手走行中にラジエーター破損によってリタイアを喫した。ドライバーズランキングでは9位のアレクサンダー・アルボンにわずか1ポイント差の10位につけている。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1 / ジャック・ヴィルヌーヴ