アレクサンダー・アルボン 「新しい会場は若手ドライバーにチャンス」 / レッドブル・ホンダ F1ポルトガルGP プレビュー
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンが、2020年のF1世界選手権 第12戦 F1ポルトガルGPへの意気込みを語った。

F1はポルティマオというさらにまた新しいトラックに向かいます!以前に行ったことはありますか?
F3でポールポジションと表彰台を獲得しているのでポルティマオには良い思い出がある。多くの特性と良い流れを備えた本当にクールなトラックだ。

到着したときに最初に圧倒されるのは、サーキット全体の物凄く印象的な標高の変化だ。暑さによって体力的にも厳しい週末になるだろうし、エントリー時にブラインドコーナーがいくつかあるかなりバンピーなトラックなのでし、それによって楽しさが増している。

トラックのどの部分を一番楽しみにしていますか?
トラックのあるセクションではマシンが離陸するんじゃないかと感じるほぼブラインドの丘を登り、その後、突然丘を下って、完全にブラインドのコーナーに再び駆け上が。ブレーキをかけて曲がると、自分がどこに向かっているのかわからなくなるし、再び大きく下ると右側にコーナーが表れる。ムジェロで見たように新しいトラックは楽しくて面白いと思うし、本当に印象的で楽しいだろうね。チームがサーキットにどのように適応できるかという点で少し一か八かな部分もある。

新しいトラックはF1にとって良いことだと思いますか?
ジュニアカテゴリーではずっと新しいトラックに行くことに慣れていたので、新しいトラックは経験の浅いドライバーにチャンスを与えると思う。F1では経験豊富なドライバーが同じサーキットを行っているので、僕たち次第だし、より楽しくなるだろう。FP1にむけてフィールドを均等化してくれると思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1 / F1ポルトガルGP