アレクサンダー・アルボン 「フェルスタッペンのレベルに近づいている」
レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、マシンの乗る時間が長くなるにつれて自信が増しており、チームメイトのマックス・フェルスタッペンのレベルに近づているいると感じている。

レッドブルは夏休み中にピエール・ガスリーに代えてアレクサンダー・アルボンを昇格させることを決断。ピエール・ガスリーはシーズン前半戦でマックス・フェルスタッペンのパフォーマンスに匹敵することに苦労していた。

アレクサンダー・アルボンは、F1日本GPでの予選でマックス・フェルスタッペンとまったく同じタイムを記録し、チームメイトが引退したため4位でフィニッシュ。マシンでの追加が増えるたびに自信を高めると語る。

「そのレベルに近づいているし、FP1でマシンをすぐにより快適に感じるようになってきている。クルマをもう少しコントロールできるようになっているし、自分のやりたいことができるようになっている」とアレクサンダー・アルボンはF1日本GPを振り返る。

「自信がつくと、それはラップタイムにも表れる。今週末はそれが必要なトラックで本当に自信を感じていたし、良い日、良い週末だった」

「4位でフィニッシュできてうれしい。予選は6位だったけど、予選にはより満足している!今はもう少しクルマの快適に感じ始めているし、月曜日に行ったピレリテストを行ったのもその助けになった。クルマの走行距離を重ねることは常に私にとって良いことだ」

F1日本GPでの4位はアレクサンダー・アルボンにとってベストリザルトだったが、レッドブル・ホンダは鈴鹿でもっと競争力を発揮できることを望んでいたことを認め、チームが伝統的にうまくやってきたメキシコGPを前にやるべき仕事があると感じていると語る。

「週末は少し強くいことを望んでいた。僕たちは接戦だったけど、ペースがあまりなかった」とアレクサンダー・アルボンは語る。

「僕たちはメキシコでより強く戻ってきる…様子を見てみるつもりだし、自分自身にあまりプレッシャーをかけたくはないけど、歴史的に僕たちは常に速かったし、頑張るつもりだ」

レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、メキシコGP後に2020年のドライバーを決定することを示唆しているが、アレクサンダー・アルボンは自分の未来を考えることにあまり時間を費やしていないと主張する。

「本当に自分自身に焦点を当てているし、毎週末をそのように扱っていまる。それについてあまり考えたくはない。時間がくればわかることだ。もちろん、シートを維持するは目標だけどね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1