アレクサンダー・アルボン 「2020年のことよりも今に集中している」 / レッドブル・ホンダ
レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、2020年に自分がどのチームで走るかには執着しておらず、各レースでベストを尽くすことに焦点を当てていると語る。

今年、トロロッソ・ホンダでF1デビューを果たしたアレクサンダー・アルボンは、夏休み後にピエール・ガスリーと交代でレッドブル・ホンダに昇格。残りのレースは2020年の運命を決める重要なレースとなる。

レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2020年のレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンのチームメイトはアレクサンダー・アルボンとピエール・ガスリーの二人から決めるとしており、メキシコGP後に決定するとしちえる。

だが、アレクサンダー・アルボンは、決定の最終期限を恐れてはいないと主張する。

「すべてが順調に進んでいるし、多くのサポートがある」とアレクサンダー・アルボンは語る。

「彼らは僕のことを研究している一方で、僕は地に足をつけてチームから学んでいる。彼らは僕にとてもオープンだし、いろいろな質問を尋ねてくる」

「だから、とてもオープンだ。人々は今の僕には多くとプレッシャーがかかっていると考えていると思うけど、そんなことはない。僕にとっては学ぶことが重要だし、どのように進行しているかを見ている」

「来年はそのような話にあまりに集中はしていない。今の自分と各レースを最大化することに焦点を当てている」

F1ベルギーGPでレッドブル・ホンダに昇格して以降、アレクサンダー・アルボンは着実に進歩を果たしている。

「当然、最終的には結果が重要だということはわかっている。結局のところ、今の僕にとって目標はターゲットはない。とにかくレースをするだけだ。メキシコまでにいくつかレースがある。でも、彼らは僕をプッシュするようなことはしていない」

アレクサンダー・アルボンは、今週末のホンダのホームレースでのF1日本GPを楽しみにしていると語る。
「僕にとっては初めての日本GPになるので、鈴鹿へ行くのを楽しみにしている」とアレクサンダー・アルボンはコメント。

「鈴鹿ではカートのレースしか経験がなく、F1マシンで走るとどうなるのかワクワクしている。コースは本当に面白そうですし、今年僕が一番楽しみにしていたサーキットだ」

「ホンダのホームレースなので、大切なレースウイークになるし、ファンのみんなの前でいい結果を出したいと思う。今年の初めに東京へ行ったときも、日本の皆さんから大きな声援をもらった。熱いファンだとは聞いていましたけど、信じられないくらい多くの人が集まってくれて、プレゼントもたくさんもらった」

「マックスが、グランプリ中は他と比べ物にならないくらいに盛り上がると教えてくれたので、サインペンをいつでも準備しておこうと思う! 前戦のロシアGPは、ピットレーンからスタートして5位といい結果だった。スムーズなレースウイークを過ごして、いいスタート位置を獲得し、トップ争いをできればと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1