F1 アレクサンダー・アルボン
トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、F1カナダGP初日のフリー走行を13番手で終えた。

ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットでの初のグランプリ週末となるアレクサンダー・アルボンだが、両方のセッションで14番手とペースを掴まておらず、解決策を見つけ出さなければならないと語る。

「チームにとって厳しい一日だった。明日のために今夜は課題を持ち帰り、解決策を見つけだすために最善を尽くさなければならない」とアレクサンダー・アルボンはコメント。

「マシンのバランスはそれほど悪くないけど、いいペースがつかめていないので、その理由を見つけださなければならない。これまでもシーズンの中でタフなセッションはあったし、今日得たデータから明日のためへの解決策を見出すことができると信じている」

関連:
F1カナダGP フリー走行2回目 | シャルル・ルクレールがトップタイム
F1カナダGP フリー走行1回目 | ルイス・ハミルトンがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: アレクサンダー・アルボン | トロロッソ | F1カナダGP