F1 アレクサンダー・アルボン
トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンが、2019年のF1世界選手権 第6戦 モナコGPへの意気込みを語った。

「モナコは僕の好きなコースなので楽しみにしている。初めてF2でレースをしたときは予選2番手、そして昨年のF2ではポールポジションを獲っているので、僕にとっては相性のいいコースだ」とアレクサンダー・アルボンはコメント。

「僕は市街地コースが好きだけど、アゼルバイジャンGPのときに、F1マシンで市街地コースを走るとすごいスピードになることを実感した。F1マシンでは、視界は”モーション・ブラー”の影響を受けて周りがぼやけて見えるので、その状況下で壁に囲まれた中をドライブすることは驚くべき経験だ」

「モナコでレースをしたことはあるけど、コース外でも多くのイベントがあるので、どんな週末になるのか想像がつかない。チームメートのダニールは”カオスな日々になる”と言っているけど、準備はできているよ!」

関連:2019年 F1モナコGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: アレクサンダー・アルボン | トロロッソ | F1モナコGP