F1 アレクサンダー・アルボン トロロッソ・ホンダ
アレクサンダー・アルボンが、2019年のトロロッソ・ホンダからF1デビューすることついての心境を語った。

イギリス育ちのタイ国籍ドライバーであるアレクサンダー・アルボン(22歳)は、2012年に一度レッドブルのドライバープログラムから外されている。しかし、その後、ジュニアカテゴリーで実力を磨き、今年はF2でランキング3位で終える活躍をみせた。

その活躍がレッドブルの前にとまり、アレクサンダー・アルボンは、決定していた日産e.damsでのフォーミュラE参戦を蹴って、トロロッソ・ホンダでF1という夢を選んだ。

アレクダンダー・アルボンは、トロロッソ・ホンダの公式インタビューで、F1ドライバーになった心境について語った。

F1ドライバーになるという連絡はいつ、どこで受けました?
月曜日の午後に電話を受けた。自分がトロロッソのドライバーとして確認され、チームは発表する準備が整ったと伝えられた。僕は何枚かトレーナーを買うためにショッピングモールにいたのでホテルに急いで戻ったよ!

あなたの反応はどんな感じでしたか? 完全に思いがけないことでしたか?
6歳の時からこの瞬間を待っていたので本当に興奮したよ。ここ数ヶ月間、トロロッソに参加できるように日産e.damsと状況を解決しようとしていたので、それが思いかけないことだったとは言えないけどね。それでも最終的にそれが実現したときは信じられなかったよ!

最初に誰にそのニュースを伝えましたたか?
最初に連絡したのは母親だった。彼女はおそらく僕よりも興奮していたね。

あなたはエキサイティングなオーバーテイクをすることで知られています。F1にあなたのレーシングスタイルを持ち込めると自信を持っていますか?
そうだね。F1のクルマの設計はオーバーテイクが難しいけど、来年のルールによって素晴らしい戦いができると確信している。グリッドの半分くらいのドライバーはカート時代からレースをしていた。かなりクールなことだし、いくつかの点で昔のバトルと同じように感じるだろうね!

あなたはタイの国旗の下でレースをしています。1950年代以来となるF1グリッドに並ぶタイ出身ドライバーになることをどれくらい誇りに思っていますか?
タイを代表することをとても誇りに思っている。僕と僕の家族にとってこのような機会が与えられることは大きな栄誉だ。彼らに誇りに思ってもらえるようになりたいと思う。

2012年にチームから落とされた後の期間はどれくら困難でしたか?
とても厳しかった。多くの理由で僕にとって厳しい一年だった。少なくとも僕の結果だけが原因ではなかったけど、それによってはるかに困難な状況に陥った。レースを止める危機に瀕していた。そこからは運転するたびに印象を与えなければならないことをわかっていた。そして、幸いにも、マルコ博士が二度目のチャンスを与えてくれた。

F1の夢は終わったと思いましたか?
決して諦めることはなかったし、まだ実現できると信じている必要があった。そうは言っても、僕は適切な予算を持っていなかったので、F1に行くチャンスは非常にスリムであることはわかっていた。現実的に僕がこの機会を得るための唯一の方法はトロロッソ / レッドブルだけだったkど、皆さんもご存じのようにマルコ博士に感銘を与えるのは簡単なことではないんだ!

2019シーズンのあなたの希望と目標は何ですか?
個人的には、シーズン終了時のための目標は設定していない。各レース週末を最善を尽くしていくことが重要だ。メルボルンまでにクルマに乗れる時間は多くないので、できるだけ準備して、レース毎に取り組んでいくことが非常に重要だ。もちろん、定期的にポイントを争って、きちんと締めくくれれば素晴らしいだろう。

F1のあなたのアイドルは誰ですか?
ミハエル・シューマッハだ。彼のとりこだったよ!

モータースポーツ以外では、他にどのようなことをして自分の時間を楽しんでいますか?
ほとんどの時間をトレーニングに費やしているし、残りは家族や友人...そしてペットと一緒に過ごしているかな。動物が大好きなんだ。家には2匹の犬と5匹の猫がいるよ。

人々が知り得ない隠された才能はありますか?
絵を描くこととデザインをすることはかなり得意と言えるかもしれない。他のドライバーのヘルメットのデザインを手伝ってあげてさえいるんだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: アレクサンダー・アルボン | トロロッソ | ホンダF1