アレクサンダー・アルボンの2022年03月のF1情報を一覧表示します。

アレクサンダー・アルボン、ストロールとの接触で次戦3グリッド降格

2022年3月28日
アレクサンダー・アルボン、ストロールとの接触で次戦3グリッド降格 / F1サウジアラビアGP決勝
ウィリアムズF1チームのアレクサンダー・アルボンは、サウジアラビアグランプリでのランス・ストロールとの接触を引き起こしたとして、次戦オーストラリアグランプリで3グリッド降格ペナルティを科された。

サウジアラビアグランプリの48周目、ランス・ストロールと11位を争っていたアレクサンダー・アルボンは、ターン1でインサイドにもぐりこんだ。だが、ストロールを完全に並んでコーナーに入ることができんかったアルボンは、右フロントタイヤをストロールのサイドポッドにヒットさせ、リムが外れてリタイアした。

アレクサンダー・アルボン、シューマッハへの走行妨害で戒告処分

2022年3月26日
アレクサンダー・アルボン、シューマッハへの走行妨害で戒告処分 / F1サウジアラビアGP
アレクサンダー・アルボン(ウィリアムズ)は、2022年F1第2戦サウジアラビアグランプリのフリー走行1回目にミック・シューマッハ(ハースF1チーム)の走行を妨害したとして戒告処分を受けた。

ミック・シューマッハは、ファストラップ中にジェッダ・コーニッシュ・サーキットのターン8とターン8でアクレサンダー・アルボンにブロックされた。

アレクサンダー・アルボン 「セーフティカーの新ルールは見直しが必要」

2022年3月25日
ウィリアムズF1のアレクサンダー・アルボン 「セーフティカーの新ルールは見直しが必要」
ウィリアムズのアレクサンダー・アルボンは、周回遅れ車両がラップを取り戻すために“1周”しか与えられない新しいF1のセーフティカールールの完全性を疑問視している。

昨年の最終戦アブダビグランプリで、8台すべてではなく、ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンの間の5台だけが周回遅れの解消を許可するというマイケル・マシの決定が物議を醸したことを受け、F1は2022年シーズンに先立ってルールを微調整した。

アレクサンダー・アルボン 「新車の実力はバンピーなトラックで明らかになる」

2022年3月7日
F1:アレクサンダー・アルボン 「新車の実力はバンピーなトラックで明らかになる」
ウィリアムズF1のアレクサンダー・アルボンは、路面がパンピーだったり、縁石の使用に依存しているトラックで初めて各チームが2022年F1マシンで新しいレギュレーションにどれだけうまく適応しているかが示されると考えている。

2022年のF1プレシーズンテストは、カレンダーの中でもスムーズなサーキットとして知られるバルセロナとバーレーンで行われる。最初のテストでは多くのF1チームが新しいグラウンドエフェクトカーでポーポイズ現象に苦労した。

アレクサンダー・アルボン 「レッドブルでの知識をウィリアムズで活用」

2022年3月6日
F1:アレクサンダー・アルボン 「レッドブルでの知識をウィリアムズで活用」
アレクサンダー・アルボンが、2022年のF1世界選手権でウィリアムズが前進するのを助けるために、レッドブルで得た最近の知識をどのように活用するかを説明した。

レッドブルF1のリザーブ兼開発ドライバーとして1年間傍観していたアレクサンダー・アルボンは、チームとのつながりを保ちながら、別のチームのためにレースをするという珍しい立場にある。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム