ウィリアムズ ジェンソン・バトン
ウィリアムズは、メルセデスのドライバーとしてバルテリ・ボッタスを失った場合、ジェンソン・バトンを獲得するかもしれないと報じられている。

バルテリ・ボッタスは、ニコ・ロズベルグが引退したメルセデスの空席の候補に挙げられている。

ウィリアムズは、2017年に若手のランス・ストロールの起用が決定しており、若手にアドバイスできるベテランドライバーが求められる。

ジェンソン・バトンは、今シーズン限りでF1引退を表明。2018年までマクラーレン・ホンダとの契約を有しているため、1年限りのレンタル移籍などが考えられるという。

バルテリ・ボッタスは、メルセデスのチーム代表トト・ヴォルフがマネジメントを務めており、移籍の実現性が囁かれてる。

メルセデスは、ウィリアムズへのパワーユニットの供給価格を下げることを条件にバルテリ・ボッタスの獲得に乗り出すとされ、その見返りにパスカル・ウェーレインを差し出すともいわれている。

ウィリアムズは、2017年のドライバーとしてジェンソン・バトンに興味を示していたことを明かしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ウィリアムズ | ジェンソン・バトン