ルノー F1
ルノーのエンジン責任者を務めるレミ・タフィンは、2015年シーズン序盤の状況がルノーを“死ぬほど苦しめた”が、そこからリカバリーを果たし、現在は正しい方向に進んでいると語る。

ルノーは、2014-2015年の冬の間にメルセデスとフェラーリとのギャップを縮めるため、パワーユニットの特にハードウェアに全面的な変更を行った。

しかし、レッドブルはプレシーズンテストと序盤戦でドライバビリティに苦しみ、ルノーは問題を特定するために長い時間をかけることになった。

レッドブルとの関係が悪化するなか、ルノーはF1での将来を検討していた。

「2015年のスタートが我々を死ぬほど苦しませた。とにかく我々はすべてをストップした」とレミ・タフィンは Autosport にコメント。

「技術的に難しかったし、政治的にもそれは難しかった」

「我々がチームを買うことになるのか、カスタマーがいるかどうかもわからなかった」

「全てがひとつに押し込まれ、全員にとって非常に厳しかった」

「2015年の後半は、我々が生き残ることができるだけでなく、再び良い仕事をできることを示した」

それ以降、ルノーは状況を好転させ、2016年はレッドブルと2勝を挙げた。

だが、状況がうまくいかなかった時、ルノーは方向性を失っていたとレミ・タフィンは認める。

「人々は変わっていないし、我々にはまだ適切な良い人材がいる」

「組織化だけの問題だ。それが、あの時点で我々が失っていたものだ」

「ある時点で、我々は正しいテクノロジーを見つけられなかった。最終的には解決したが、我々は1年を失ったと思う」

「今年が昨年でなければならなかった」

再編成が完了し、ルノーは将来に遭遇するかもしれない潜在的な問題に対処するよりポジションにいるとレミ・タフィンは感じている。

「エンジンのいくつかの分野で、我々は確実な手順を置いたし、もうファクトリーで行っている全てのことがトラックでも問題にはなることはないだろう」

「我々はそれを持っていたと言っても過言ではない。今年は1〜2つのサプライズがあった」

「それは普通のことだが、少なくとも我々は反応することができたし、我々はそのための準備ができていた」

「全てを確認することだけが必要なのではなく、予想していたものが間違っていたり、違っている際に、準備が整っており、解決策がある必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー