カルメン・ホルダ
カルメン・ホルダが、新生ルノーでも開発ドライバーの役割を継続することになるようだ。

3日(水)に新生ルノーのF1体制発表会がパリで開催されたが、そこにカルメン・ホルダの姿があったことに驚いた者も少なくなかったようだ。

GP3シリーズへの参戦経験を持つスペイン人女性ドライバーのカルメン・ホルダは、昨年ロータスの開発ドライバーを務めていた。

しかし、実績のないカルメン・ホルダをチームの一員に迎えたのは、財政的に苦境に立たされたロータスが宣伝材料のひとつとして利用するためだろうとする見方少なくなかった。

しかし、ルノーが再びエンストンのチームを買収し、新たなチームとして体制が大きく変わったものの、カルメン・ホルダもそのまま新ルノーF1に残留することになった。

カルメン・ホルダは、今年もルノーで“同じ役割”を担うことになると Europa Press に語っており、今年も開発ドライバーとしての契約となるようだ。「嬉しいことに、ルノーは私をこのレースカテゴリーに置いてくれることになります。それはまさに私が望んでいる場所です」

また ASに対しても「私はまだこのチームに所属していますし、とても満足しています。これは長期にわたる大きなプロジェクトですからね」と語っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー | カルメン・ホルダ