ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、強力なペイドライバーとしてF1に復帰する可能性があると報じられている。

ヴィタリー・ペトロフの元マネージャーであるオクサナ・コサチェンコは、ペトロフが2014年のチームに提供するための2500万ユーロ(約33億2800万円)のスポンサーをもたらすと主張した。

ヴィタリー・ペトロフは、オクサナ・コサチェンコの発言を否定してはない。

「オクサナは、全てのプロジェクトでいつも誰よりも多くのことを知っているね」とヴィタリー・ペトロフは皮肉っぽく述べた。

「何もコメントすることはない。何を言うべきか僕にはわからない」

だが、ヴィタリー・ペトロフは、2014年のF1シートを獲得する良い立場にいるかもしれないとほのめかした。

「僕たちは、一部のチームがお金に懸念を抱えていることを知っている」とヴィタリー・ペトロフはコメント。

「そのエリアで助けることができるドライバーにはチャンスがある」

ヴィタリー・ペトロフにはすでにザウバーでセルゲイ・シロトキンとチームを組むとの噂が出ているが、さらにロシアのスーパーカーメーカーが所有するマルシャのシートを獲得する可能性も報じられている。

「現時点で新たに話すことは何もない」とヴィタリー・ペトロフはコメント。

「でも、一部のチームはドライバーを決定するまで少し待っているのであれば、それは僕にとって不利なことではないね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ヴィタリー・ペトロフ