パスカル・ウェーレイン
パスカル・ウェーレインは、フォース・インディアが2017年に自分ではなくエステバン・オコンを選んだ理由についてチームと会談したことを明かした。

メルセデスの育成ドライバーであるパスカル・ウェーレインは、今年マノーでF1デビューを果たし、F1オーストリアGPではチーム唯一となるポイントを獲得。また、ラスト9戦では4回Q2に進出した。

だが、フォース・インディアは、エステバン・オコン、パスカル・ウェーレイン、フェリペ・ナッセを分析した結果、セルジオ・ペレスのチームメイトとしてエステバン・オコンと2017年からの複数年契約を結んだ。

決定後、パスカル・ウェーレインは、理由を理解するためにフォース・インディアと話をする予定だと述べていたが、今回、それが実施されたという。

パスカル・ウェーレインは、2015年にバルセロナでのプレシーズンテストとレッドブル・リンクでのインシーズンテストで2日半、フォース・インディアのテストに参加しているが、そこでのチームの作業経験が決定に影響したと考えている。

「状況から学びたかったんだ」とパスカル・ウェーレインは Autosport にコメント。

「そこに行って、怒って、不機嫌に彼らと話したくはなかった」

「理由はわかったし、それが簡単に変わることはない。それはパフォーマンスとは無関係だった。彼らはエステバンの方がチームにフィットすると考えている。そういうことだ」

「決定はフィードバックやパフォーマンスとは無関係あったけど、彼らの僕との仕事の進め方、個人的な部分が関係していた」

パスカル・ウェーレインは、引退したニコ・ロズベルグの後任を争っているが、メルセデスは彼の相対的な経験不足よって保留にしている。

パスカル・ウェーレインは、ザウバーの候補に挙げられており、メルセデスのチーム代表トト・ヴォルフとザウバーのチーム代表モニーシャ・カルテンボーンは2017年のシートについて議論を行っていた。

だが、メルセデスは、ニコ・ロズベルグの後任探しに集中しており、現在、ザウバーとの交渉は後回しとなっている。

マノーのメカニックとの良好な作業関係を築いたパスカル・ウェーレインは、フォース・インディアの決定から学び、今後はもっとうまくやれると感じてる。

「僕は常にベストを尽くしているし、全員がハッピーになれるようにベストを尽くしていく」とパスカル・ウェーレインはコメント。

「テストでは何かが起こって、彼らは何かにハッピーではなかった。そういうことだ」

「もうそれを変えることはできないし、とにかくそこから学んで、今後はもっとうまくやっていきたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: パスカル・ウェーレイン | フォース・インディア