パスカル・ウェーレイン ザウバー移籍
パスカル・ウェーレインは、2017年のザウバー移籍についてメルセデスが交渉していることを認めた。

パスカル・ウェーレインはメルセデスに管理されており、当初はフェラーリのエンジンを搭載するザウバーへの移籍の可能性は低いと見られていた。

ザウバーとメルセデスとの交渉は行われているかと質問されたパスカアル・ウェーレインは「イエス」と答えた。

「驚いたけど、結局、来年で残っているシートはマノーとザウバーの2つだけからね。もちろん、来年にむけて可能性はあるけど、来年のために完了していることはないし、サインもされていない。とにかくその2つのオプションがあるということだ」

「どのような決定がなされるか見守らなければならない。メルセデスが僕のために交渉してくれている。来年と僕の将来のためにね。なので、僕は待っているところだ。僕はドライビングをしている。ここでベストを尽くしているし、それに集中している。それ以外のことに集中するつもりはないし、ここで100%を尽くすつもりだ」

マノーは、コンストラクターズ選手権の最下位に落ちたことで、財政的に不安定となる恐れが高まっている。

どちらのチームの方が良いオプションかと質問されたパスカル・ウェーレインは「両方ともとても良いオプションだと思う」とコメント。

「難しいね。来年はレギュレーションが新しくなるし、全てが新しくなるので、パフォーマンス面でどちらの方が良い場所かはわからない」

「どちらのオプションも面白そうだし、素晴らしいそうだ。でも、通常は最終的に1つのより良いオプションがあるのが常だ。通常、2つの似たようなオプションや同等なオプションはないので、2つあれば、メルセデスがどっちの方が良いオプションかを決めることになると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: パスカル・ウェーレイン