レッドブル:F1中国GP 初日のコメント

2014年4月18日
レッドブル F1中国GP
レッドブルは、F1中国GP初日のフリー走行で、ダニエル・リカルドが4番手タイム、セバスチャン・ベッテルが4番手タイムだった。

ダニエル・リカルド (4番手)
「今日はそれほど悪くはなかった。このトラックでは常にタイヤがちょっとしたチャレンジだ。特にソフトタイヤで左フロントが摩耗しているようだ。ターン1はかなり酷いし、バックストレートに向かうターン13もそうだ」

メルセデス:F1中国GP 初日のコメント

2014年4月18日
メルセデス F1中国GP
メルセデスは、F1中国GP初日のフリー走行で、ルイス・ハミルトンがトップタイムを記録。ニコ・ロズベルグが3番手タイムだった。

ルイス・ハミルトン (1番手)
「今日はかなり難しい一日だった。午前中のセッションで一部走行できなかったのでちょっと守勢に立たされた。でも、少なくとも2回目のセッションでは何周かできたので嬉しかった」

マクラーレン:F1中国GP 初日のコメント

2014年4月18日
マクラーレン F1中国GP
マクラーレンは、F1中国GP初日のフリー走行で、ジェンソン・バトンが8番手タイム、ケビン・マグヌッセンが12番手タイムだった。

ジェンソン・バトン (8番手)
「ドライバビリティに関しては、バーレーン以降、いくつかのエリアでクルマを改善させたように思う。今夜やれることはもう少しあるし、トップにもう少し近づくためにいくつかポジティブなステップを果たしている」

ロータス:F1中国GP 初日のコメント

2014年4月18日
ロータス F1中国GP
ロータスは、F1中国GP初日のフリー走行で、ロマン・グロージャンが9番手タイム、パストール・マルドナドが18番手タイムだった。

ロマン・グロージャン (9番手)
「今日は全てが少しはまともに機能しているように思えたし、シャシー側とパワーユニットの両方で全員が懸命に作業していた。全体的に良い金曜日だったし、多くのラップを走り込んで、E22について可能な限り多くのことを理解することができた」

フォース・インディア:F1中国GP 初日のコメント

2014年4月18日
フォース・インディア F1中国GP
フォース・インディアは、F1中国GP初日のフリー走行で、ニコ・ヒュルケンベルグが11番手タイム、セルジオ・ペレスが15番手タイムだった。

ニコ・ヒュルケンベルグ (11番手)
「プログラムを完了させ、ジョブリストに従て作業するという点ではかなりスムーズな一日だった。セットアップに関してはまだやらなければならない仕事があるし、明日にむけていくつかクルマを最適化させられる部分はあるけど、全体的に今日学んだことには満足している。タイヤ作業は順調だったし、残りの週末に準備するためにソフトとミディアムで必要なあらゆるデータを得ることができた」

ウィリアムズ:F1中国GP 初日のコメント

2014年4月18日
ウィリアムズ F1中国GP
ウィリアムズは、F1中国GP初日のフリー走行で、フェリペ・マッサが6番手タイム、バルテリ・ボッタスが14番手タイムだった。午前中にはフェリペ・ナスルが走行を行った。

フェリペ・マッサ (6番手)
「ここに持ち込んだアップグレードの全てがパフォーマンスを改善させているし、本当にポジティブだ。クルマのバランスとフィーリングが良くなっているし、僕たちは良い前進を果たしている」

ザウバー:F1中国GP 初日のコメント

2014年4月18日
ザウバー F1中国GP
ザウバーは、F1中国GP初日のフリー走行で、エステバン・グティエレスが16番手タイム、エイドリアン・スーティルが17番手タイムだった。午前中はギド・ヴァン・デル・ガルデが走行を行った。

エステバン・グティエレス (16番手)
「FP1はクラッチ問題があって理想的なスタートではなかったけど、チームは素早く問題を解決するために素晴らしい仕事をしてくれた。セッション中盤にトラックに出ていくことができたし、それはかなり重要だった」

マルシャ:F1中国GP 初日のコメント

2014年4月18日
マルシャ F1中国GP
マルシャは、F1中国GP初日のフリー走行で、ジュール・ビアンキが19番手タイム、マックス・チルトンが20番手タイムだった。

ジュール・ビアンキ (19番手)
「課題はもっと運河向いてくれることだと言い続けているけど、午前中は燃料システムに問題があって、かろうじてインストレーションラップを終えられただけだったし、セッションの多くに関与できなかった」

トロ・ロッソ:F1中国GP 初日のコメント

2014年4月18日
トロ・ロッソ F1中国GP
トロ・ロッソは、F1中国GP初日のフリー走行で、ダニール・クビアトが10番手タイム、ジャン・エリック・ベルニュが13番手タイムだった。

ダニール・クビアト (10番手)
「いい感じのトラックだったし、トラックを学ぶのも長くはかからなかった。かなり十町だったし、すぐに基本的なセットアップに取り組んでいくことができた。プログラムを完了させることができたさい、今夜研究するための多くのデータを集めることができた。明日にむけて良い妥協点を見つけられることを願っている」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム