トニー・カナーン、テイラー・スウィフト仕様のカラーリングで参戦

2015年5月29日
テイラー・スウィフト
トニー・カナーンは、インディカーの次戦デトロイトで歌手のテイラー・スウィフト仕様のカラーリングが施されたマシンを走らせる。

テイラー・スウィフトが所属するビッグ・マシン・レコードは、チップ・ガナッシのスポンサーを務めている。

複数のグラミー賞受賞歌手であるテイラー・スウィフトは、ニューアルバル『1989』のワールドツアーを行っており、5月30日にデトロイト中心部のフォード・フィールドでコンサートを行う。

F1:2016年以降の新チームの募集を開始

2015年5月29日
F1
FIAは、2016年以降に新規参入するF1チームの募集を開始した。

F1は、2010年にヴァージン、ロータス・レーシング、HRTが加わって以降、新チームはなく、現在でもグリッドに残っているのは、マノー・マルシャとして参戦を続ける旧ヴァージンだけとなっている。

2016年には、ジーン・ハースが率いるハースF1チームが新規参戦する予定だが、FIAは2016年からの参戦に関心を示す関係者へのプロセスを開始した。

フェルナンド・アロンソ 「今年のトラブルは2016年への布石」

2015年5月29日
フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、2016年にコンペティティブな戦いをすることに焦点を合わせているため、マクラーレン・ホンダ゙が現在経験している信頼性トラブルを歓迎すると述べた。

今年、フェラーリからマクラーレンに移籍したフェルナンド・アロンソは、今シーズンまだポイントを獲得できていない。トップ10を走っていたF1モナコGPでもオーバーヒートのトラブルでリタイアに終わった。

ルノー、ロータスとのF1チーム買収交渉が最終局面?

2015年5月29日
ルノー ロータス 買収
ルノーによるロータス買収が近いうちに発表されるかもしれないと複数の海外メディアが報じている。

少し前から、ロータスとルノーとの間でチーム買収交渉が進められているのではないかと噂されている。

2週間前、エンストンのチームが前オーナーであるルノーと交渉中との噂について、ロータスのマシュー・カーターCEOは「私の株主たちはチームを売るつもりがないと明言した」と述べていた。

F1:アルコールスポンサーを禁止せず

2015年5月29日
F1 アルコール スポンサー
FIA会長のジャン・トッドは、F1からアルコールスポンサーを禁止することは“不可能”だと述べ、その考えがないことを明らかにした。

先週、ユーロケアとして知られる欧州アルコールポリシーアライアンスは、世界で5億人に上るF1の視聴者が5秒に1度、ブランドを目にするとの報告があるとして、FIAにアルコールスポンサーの取り締まりを求めた。

マーティン・ブランドル、フォース・インディアをテストしてクラッシュ

2015年5月28日
マーティン・ブランドル
元F1ドライバーのマーティン・ブランドルが、Sky Sports F1の特集番組のためにシルバーストンでフォース・インディアの2015年マシン VJM08を走らせた。

38周を走行したマーティン・ブランドルはVJM08での走行を振り返って「2015年F1マシンのドライブが簡単すぎるというのは間違っている」とコメント。

「簡単ではない。そう、違っていた」

日産、ル・マンの3台目のLMP1カーに特別なブルーのカラーリング

2015年5月28日
日産 ル・マン24時間レース
日産は、今年のル・マン24時間レースで、1990年のポールポジションを祝って3台目のマシンに特別なカラーリングを施す。

ル・マン24時間レースだけにエントリーしている松田次生、ルーカス・オルドネス、マーク・シュルツイスキーが走らせる21号車には、マーク・ブランドルがグループCカー“Nissan R90CK”でル・マン24時間レースでポールポジションを獲得してから25周年を祝ってブルーのカラーリングが施される。

F1公式ゲーム『F1 2015』のプレイ動画がリーク

2015年5月28日
F1 2015
コードマスターズが制作するF1公式ゲーム『F1 2015』のプレイ動画がYouTubeでリークされ、ゲームの動画が明らかになった。

フランスのテレビ番組でリークされた動画では、ルイス・ハミルトンのメルセデスが大雨のシンガポールでレースをしている。

コードマスターズの新バージョンのEGOエンジンを使用した『F1 2015』は、ビジュアルが改善されただけでなく、タイヤモデルとフィードバックシステムが改良され、よりリアルなドライビング体験をもたらすだろう。

中嶋一貴、ル・マン24時間レースのテストデー参加にむけて最終検査

2015年5月28日
中嶋一貴
スパ・フランコルシャン6時間レースのフリー走行でのアクシデントで脊椎の一部を痛めた中嶋一貴は、ル・マンのテストデーへの参加にむけて最終検査を受ける。

中嶋一貴は、日本とトヨタの医師からレースをすることへのゴーサインが出されている。

今後、中嶋一貴は、テストデーにむけてル・マンに到着した際にWECのFIA医学代表によって最終的な許可を受ける必要がある。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム