ニコ・ロズベルグ 「鈴鹿は間違いなく世界最高のトラック」

2014年10月1日
ニコ・ロズベルグ
ニコ・ロズベルグが、F1日本GPが開催される鈴鹿サーキットについて語った。

ニコ・ロズベルグ (メルセデス)
「シンガポールの日曜日にも言ったけど、あのレースは今年のここまでで一番辛かったし、今、振り返ってみても、その考えは変らない。最高の結果を残せるチャンスがあたのに、グリッドに着く前からそのチャンスを奪われることを受け入れるのは難しいことだ。もちろん、チャンピオンシップ争いでも多くのポイントを逃したからね」

エイドリアン・スーティル 「日本は1年住んでいたので特別」

2014年10月1日
エイドリアン・スーティル
エイドリアン・スーティルが、F1日本GPが開催される鈴鹿サーキットについて語った。

エイドリアン・スーティル (ザウバー)
「日本GPは素晴らしいファンがたくさん集まるナイスなイベントだ。日本に1年間住んでたので、僕にとってはとても特別なグランプリだ。2006年にF3で勝った素晴らしい思い出があるし、あそこに戻るときはいつも特別な気分になる」

エステバン・グティエレス 「日本のファンは特別な気分にさせてくれる」

2014年10月1日
エステバン・グティエレス
エステバン・グティエレスが、F1日本GPが開催される鈴鹿サーキットについて語った。

エステバン・グティエレス (ザウバー)
「鈴鹿は好きなトラックのひとつだ。好きなトラックはいくつもあるけど、ここは本当に独特だ。サーキットのレイアウトは他とはかなり違うし、マシンのセットアップもそれに合わせて特別なものになる。高速コーナーがたくさんあるので空力的にチャレンジングだけど、ここには中速コーナーもある」

スズキ、2015年のMotoGPライダーを発表

2014年9月30日
スズキ MotoGP
スズキは30日、ドイツ・ケルンで開催されている二輪車の国際見本市「インターモト」のプレスカンファレンにおいて、MotoGPクラスに2015年より参戦することを発表した。

2012年より参戦を一時休止していたが、昨年6月17日、第6戦カタルーニャGP後にバルセロナ-カタルーニャ・サーキットで開催されたオフィシャルテストの直前に、2015年より最高峰クラスに復帰することを発表。参戦車両、GSX-RRの開発と成熟を図る目的で、テストチームを編成して、チャンピオンシップの開催地で積極的にテストを実施した。

ピレリ:F1日本GPプレビュー (鈴鹿サーキット)

2014年9月30日
ピレリ F1日本GP 鈴鹿サーキット
ピレリが、2014年 第15戦 F1日本GPが開催される鈴鹿サーキットをタイヤメーカーの観点から解説した。

F1の長いシーズンも終盤戦に突入し、各チームは雄大な日本の鈴鹿サーキットへと向かう。鈴鹿用として、モンツァと同じく、タイヤレンジ中で最も硬い組み合わせのP Zeroオレンジ・ハードとP Zeroホワイト・ミディアムが選択されている。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「鈴鹿は一年のなかで最高のサーキット」

2014年9月30日
ニコ・ヒュルケンベルグ
ニコ・ヒュルケンベルグが、F1日本GPが開催される鈴鹿サーキットについて語った。

ニコ・ヒュルケンベルグ (フォース・インディア)
「鈴鹿は一年で最高のサーキットのひとつだ。クルマに乗っているときの感覚という点ではスパにかなり似ていると思う。とにかくF1カーを経験するには素晴らしい場所だし、とても楽しい」

セルジオ・ペレス 「日本のF1ファンは世界一」

2014年9月30日
セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスが、F1日本GPが開催される鈴鹿サーキットについて語った。

セルジオ・ペレス (フォース・インディア)
「鈴鹿はかなりエキサイティングなサーキットだ。全てのセクターに素晴らしいコーナーがいっぱいの一流のサーキットだ。ラップの流れを見つける必要があるので、クルマに自信を持つことが特に重要なトラックだ。特にターン2からターン7までの第1セクターは完全に委ねることができなければならない」

ジェンソン・バトン 「鈴鹿は第2のホームレース」

2014年9月29日
ジェンソン・バトン
ジェンソン・バトンが、F1日本GPが開催される鈴鹿サーキットについて語った

ジェンソン・バトン (マクラーレン)
「僕にとって鈴鹿は第2のホームレースみたいなものだ。日本は本当に特別な場所だし、2011年の優勝は個人的なハイライトとして思い出に残っている。鈴鹿を特別なものにしているのはファンの存在だ。週末通して、サーキット全体が信じられないくらい素晴らしい雰囲気に包まれる」

ケビン・マグヌッセン 「鈴鹿は伝説的なサーキット」

2014年9月29日
ケビン・マグヌッセン
ケビン・マグヌッセンが、F1日本GPが開催される鈴鹿サーキットについて語った。

ケビン・マグヌッセン (マクラーレン)
「鈴鹿は伝説的なサーキットの1つだ。トラックに出るのが待ちきれないよ! 初めてトラックを走るのを本当に楽しみにしている。ずっと聞かされていたS字やデグナー、それにスプーン、130Rといった有名なコーナーに挑めるんだからね」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム