BMW、電気自動車「i3」をAmazonで販売開始

2015年4月2日
BMW i3
BMWは、電気自動車「BMW i3」を総合オンラインストア「Amazon.co.jp」にて4月1日より販売を開始した。Amazon.co.jpにおいて、新車の販売は初めてとなる。

現在、Amazonで購入できるBMW i3は2グレード。それぞれローンとリースの支払い方法で購入できる。商品詳細ページでボディカラーを選び、その後は、カートに入れて通常の購入ステップを踏む。

キミ・ライコネン、息子ロビンの写真を公開

2015年4月2日
キミ・ライコネン
キミ・ライコネン夫妻の第一子となるロビン君の画像が公開された。

ミントゥ・ビルタネンは、自身のブログで飛行機のなかでキミ・ライコネンの腕に抱かれたロビン君の写真を公開。

「ロビンの初フライトはとってもうまくいきました!」とミントゥ・ビルタネンは投稿。

セバスチャン・ベッテル、マラネロのスタッフに優勝を報告

2015年4月2日
セバスチャン・ベッテル
セバスチャン・ベッテルは1日(水)、マラネロのファクトリーを訪問し、スタッフにF1マレーシアGPでの優勝を報告した。

今年フェラーリに移籍したセバスチャン・ベッテルは、F1マレーシアGPでフェラーリに2013年のF1スペインGP以来となる優勝をもたらした。

セバスチャン・ベッテルは「とても感動的な瞬間だった」とイタリア語でスピーチ。

ルイス・ハミルトン、規約変更でスペシャルヘルメットを使えず

2015年4月2日
ルイス・ハミルトン
ルイス・ハミルトンは、F1マレーシアGPにむけてスペシャルヘルメットを用意していたが、実際にそれを使うことはできなかった。

メルセデスのタイトルスポンサーである石油会社ペトロナスはマレーシアを本拠地に置いており、マレーシアGPのタイトルスポンサーを務めている。

そのため、ルイス・ハミルトンは、同社のイメージカラーであるグリーンのカラーリングを施したヘルメットを用意していた。

ピエール・ガスリー、トロ・ロッソのF1マシンをテスト

2015年4月2日
ピエール・ガスリー
レッドブルの育成ドライバーであるピエール・ガスリーが、来月バルセロナでトロ・ロッソのマシンに乗り、初めてF1カーをテストすることになった。

フランス出身のピエール・ガスリー(19歳)は、F1スペインGP後の2日間のテストの1日で走行を担当する。

昨年、ピエール・ガスリーは、フォーミュラ・ルノー3.5でカルロス・サインツに次ぐ2位でシーズンを終了。2013年にはフォーミュラ・ルノー2.0 ユーロカップでタイトルを獲得している。

レッドブルとルノー、残りのシーズンのために一時休戦

2015年4月1日
レッドブル ルノー
レッドブルとルノーは、ひとまず責任の擦り付け合いをやめ、残りのシーズンに集中していくことを誓った。

F1オーストラリアGP後、レッドブルの首脳陣は、チームの平均以下のパフォーマンスについてエンジン供給元のルノーへの怒りをあらわにした。

だが、ルノーはそれに反撃。シリル・アビテブールは、エイドリアン・ニューウェイの言い訳は“嘘”だと非難した。

小林可夢偉、ラジオ番組で藤木直人と対談

2015年4月1日
小林可夢偉
小林可夢偉は、ラジオ番組『TOYOTA Athlete Beat』で藤木直人と対談する。

『TOYOTA Athlete Beat』は、TOKYO FMをはじめ全国FM38局で毎週土曜10:00〜10:50に放送。藤木直人と伊藤友里がパーソナリティを務め、頂点を目指して日々戦い、挑戦し続けるアスリートの情熱、その鼓動=ビートを届けていく。

セバスチャン・ベッテルの幸運とフェルナンド・アロンソの不運

2015年4月1日
セバスチャン・ベッテル
不振のレッドブルを離脱してフェラーリで勝利を掴んだセバスチャン・ベッテルと、そのフェラーリを離れてマクラーレンで苦戦するフェルナンド・アロンソ。第2戦を終えて、両者に明暗が分かれた。

ジェンソン・バトンは、F1マレーシアGPでのフェラーリの優勝は、レッドブルから移籍したばかりのセバスチャン・ベッテルの影響だと評価することはできないと考えている。

アリス・パウエル、女性限定F1のアイデアを歓迎

2015年4月1日
アリス・パウエル
女性ドライバーのアリス・パウエルは、女性限定のF1シリーズを設立するというバーニー・エクレストンのアイデアを歓迎している。

F1最高権威のバーニー・エクレストンは、グランプリ前に別のイベントを開催することが女性ドライバーへの門戸を開くことになるのではないかと考えている。

「現時点では考えているだけだ」とバーニー・エクレストンは述べた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム