ホルヘ・ロレンソ
10月にメルセデスのF1マシンをテストした3度のMotoGPチャンピオンであるホルヘ・ロレンスは、その運転のしやすさに驚いたと述べた。

ホルヘ・ロレンスは、シルバーストーンでメルセデスの2014年F1マシンをテスト。チームは彼のペースが競争的だったと語っている。

「2日前にスネッタートンでF2を試していたので、ドライブうるのはずっと難しいと思っていた。F2はドライブするのがとても難しかった」とホルヘ・ロレンソはコメント。

「エンジンはとてもナーバスだったし、ステアリングホイールはとても硬かった」

「でも、メルセデスのファクトリーでシミュレーターを試したとき、『ワォ、ずっと簡単だ。でも、シミュレーターだから簡単なんだろう。現実はもっと難しいはずだ』と感じていた。でも、違った」

「僕は最初からとても速かったし、ドライでのとても簡単だった。難しさを感じるにはウェットグリップにしなければならなかった」

「現実世界でクルマを試したとき・・・コーンーでクルマはとても簡単にコントロールを失ってスピンしてしまうと想像していたkど、とてもグリップがあったし、速く走るのはとても簡単だった」

ホルヘ・ロレンソはエンジニアから良いフィードバックを受けたと語る。

「彼らはかなり感激していたよ。運転初心者がほんの数時間で限界近くまでいけるとは思っていなかったからね」

だが、ホルヘ・ロレンスは、グランプリ距離を走るのは完全に異なるチャレンジあったと認める。

「新しいタイヤで1周速く走るのは比較的簡単だけど、最も難しいのは、同じレベル、同じペースで1時間半保つことだ」

「そこがルーキーやノンプロのF1ドライバーとプロのF1ドライバーの違いだ」

「通常、オートバイのライダーはクルマに乗ったときに比較的すぐに速く走れるけど、次のレベルは非常に高い気温のなかで集中力を失わずに、それを1時間半維持して、多くのラップで一貫性を保つころだ」

ホルヘ・ロレンソは、F1のステアリングホイールの過剰なコントロール類の多さも、MotoGPライダーにとってはかなり複雑だと指摘した。

「MotoGPでは2つしかスイッチはない。ひとつはトラクションコントロールで、もうひとつはエンジンブレーキのためのものだ」

「でも、F1では30〜40個くらいボタンがある」

「僕が使ったのは2〜3個くらいだけど、長いレースで残りのボタンをどのように使うかが、F1カーにステアリングとギアボックスしかなかった20〜30年前と比較して最も複雑なもののひとつだ。

「今、そこがF1ドライバーにとって過去と比較して最も難しいことだと思う」

【動画】 ホルヘ・ロレンソ、メルセデスのF1カーをテスト
ホルヘ・ロレンソ F1 メルセデス

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: MotoGP