マクラーレン ホンダ F1
マクラーレンは、2017年F1マシンの解説ページを公開したが、そこに掲載された1枚の画像が波紋を呼び、ページを削除するという事態になった。

マクラーレンは、チームの公式サイトで「FOUND THAT SOUL: HOW F1 2017 WENT BACKWARDS TO GO FORWARDS」と題した2017年F1マシンの解説ページを公開。2000年代と比較して今シーズンのF1マシンがルックスやスピード面でどのような進化を果たしているかを解説した。

しかし、そこに使用された画像が大きな波紋を呼び、マクラーレンはこのページを削除する事態となった。

ページでは、2017年F1マシン『MCL32』と過去のF1マシンをコラージュした画像が使用されたが、MCL32でホンダのロゴが掲載されているエンジンカバー部分には、メルセデスのエンジンを搭載していた時代のマシンがコラージュされた。

これは今年のF1バルセロナテストでキミ・ライコネンが記録したタイム(1分18秒634)が、カタロニア・サーキットにシケインが追加された後、V8エンジン時代の2008年にフェリペ・マッサが記録した最速タイム1分18秒339に匹敵するものだったことを解説する部分でハイライトされた。

だが、今年のプレシーズンテストでホンダのF1エンジンにトラブルが多発したことで、マクラーレンとホンダのパートナーシップ解消が盛んに報じられており、つい先日には、マクラーレンが、ホンダを切り、メルセデスのF1エンジンを搭載するために交渉を行っていると報じられたばかり。

このようなデリケートなタイミングでホンダを“消した”画像を掲載したことは大きな波紋を呼び、ページを紹介したTwitterの投稿だけでなく、ページ自体もマクラーレンF1チームの公式サイトから削除された。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | ホンダ