セブリング12時間 2017 結果
セブリング12時間レースが18日(土)に開催され、1月のデイトナ24時間レースに続いて、Wayne Taylor Racing のKonica Minolta キャデラック DPi-V.R 10号車が優勝を成し遂げた。

2位にはMustang Sampling Racing、3位にはWhelen Engineering Racingが続き、キャデラック勢が1-2-3フィニッシュと圧勝した。

プロトタイプクラスに参戦するマツダは5号車がクラス5位となる総合29位フィニッシュ。40号車はリタイアに終わった。

プロトタイプチャレンジは、Performance Tech MotorsportsのORECA FLM09 38号車(総合5位)、GTル・マンではCorvette Racingのシボレー コルベット C7.R 3号車(総合7位)、GTデイトナではRiley Motorsports - Team AMGのメルセデス AMG GT3 33号車(総合16位)がクラス優勝を果たした。

2台のLEXUS RC F GT3で参戦したレクサスは、15号車がクラス13位(総合28位)、14号車はクラス15位(総合35位)だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権