ハース VF-16
ハースは、2016年F1マシン『VF-16』を発表した。

ハースは、今年からF1に新規参入するアメリカを拠点とするF1チーム。シャシーはダラーラが製造するが、フェラーリと緊密な技術パートナーシップを結び、パワーユニットだけでなく、リスト化されていないパーツを購入してマシンを仕上げている。

ハースは、21日(日)にチーム公式SNSでチームにとって初のF1マシンとなる『VF-16』を公開。カラーリングは、シルバーをベースにハースのコーポレートカラーであるブラックとレッドが採用された。

公式サイトによると、マシン名のVFは“Very First”を意味しているという。

すでにハースは、フェラーリと合同でフィルミングデーを利用したVF-16のシェイクダウンを完了させたことを明らかにしている。

その関係性により、フェラーリの“カスタムカー”になると予想されたハースのF1マシンだが、タイトなリアのパッケージングは特徴的であるものの、フロントノーズ先端の形状やサイドポッドの処理など、独自のデザイン哲学を採用しているように見える。


ハースは、22日(月)からバルセロナでテストするプレシーズンテストにVF-16で参加。ピットレーンで実車を披露した後、ロマン・グロージャンが初の公式走行を担当する。

Haas VF-16 VF-16 ハース VF16

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ハース | F1マシン