ジェンソン・バトン
ジェンソン・バトンは、2017年にSUPER GTにスポット参戦したいという願望があることを認めた。

2017年はF1から退くジェンソン・バトンだが、マクラーレン・ホンダは将来的にF1に復帰する可能性を完全には除外していない。

ジェンソン・バトンは、2017年にフルタイムでレース参戦するつもりはないが、スポット的にレースを継続することを望んでいる。

ジェンソン・バトンは、ホンダとSUPER GTの鈴鹿1000kmに参戦したいと述べ、アメリカでラリークロスも試してみたいと語った。

「まだ何をするかはわからない。SUPER GTで鈴鹿1000kmを走るかもしれない。それが実現したら素晴らしいだろう」とジェソン・バトンは Crash.Net にコメント。

「それ以外ではアメリカでラリークロスに出るかもしれないし、他にもいくつかテストをする可能性がある」

「やれることはたくさんあるし、来年、やってみたいことは本当にたくさんあるので選ばなければならない。来年、ラリークロスにフル参戦することはない。将来的にはあるかもしれないけどね。大きく成長しているスポーツだと思う」

ジェンソン・バトンの父ジョンは1970年代にラリークロスドライバーとして活躍していた。

実際、ジェンソン・バトンは、F1以外でレースをすることに興奮していると語る。

「とても興奮しているよ。17年間1つのレースだけをやってきたし、他でレースをしてみたい。僕はレーシングドライバーだ。キャリア全体で1つのレースだけをしたくはない。F1はモータースポーツの頂点だけど、変化が必要なときもある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジェンソン・バトン | ホンダ | SUPER GT