ジュール・ビアンキ
ジュール・ビアンキの父親フィリップは、他のF1ドライバーがF1の運営側にミスがあったことを公に語ることを恐れていると主張する。

ジュール・ビアンキは、2014年のF1日本GPでの事故で昏睡状態に陥り、意識を取り戻すことなく、2015年7月17日にこの世を去った。

フィリップ・ビアンキは、FIAとF1の最高責任者であるバーニー・エクレストンに対して、息子の死を招いた責任を問うために訴訟を起こしている。

ビアンキ家の弁護を務めるロンドンの法律会社は、今回の訴訟は、2014年シーズン終盤に「台風シーズンを迎える日本において危険なコンディションでレースを行ったこと、計画、時間設定、運営組織にミスがあった」ことをF1運営側に認めさせるものになるだろうとしている。

フィリップ・ビアンキは、今回の起訴に関してたのF1ドライバーからの支持を得られていないのは、単に彼らが事実を公然と語ることを“恐れている”ためだと Times に主張した。

「あるドライバーが私と一緒にいても、カメラが回っているときには何も言おうとしないだろう。誰もが何かを発言することを恐れている」

「カメラがいないときには、みんなが私のところへ来て『これは間違いだ。ジュールじゃない。F1がミスを犯した』と言っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジュール・ビアンキ