ジュール・ビアンキ
F1ハンガリーGPの決勝レース前、F1ドライバーが亡きジュール・ビアンキのために1分間の黙祷を捧げた。

2014年のF1日本GPでのクラッシュで重傷を負ったジュール・ビアンキは、先週17日(木)に25歳の若さでこの世を去った。

レース前、F1ドライバーは輪になって1分間の黙祷を実施。輪の中に各自ヘルメットを置き、その中央にはジュール・ビアンキのヘルメットが置かれた。

各ドライバーは、ヘルメットやマシンに「#JB17」「#CiaoJules」「#Jules Forever」などのステッカーを貼ってジュール・ビアンキとともにレースに臨んだ。

優勝したセバスチャン・ベッテルは、表彰台で天国のジュール・ビアンキに向かってトロフィを掲げた。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジュール・ビアンキ | F1ハンガリーGP