ジュール・ビアンキ
FIAは、2014年のF1日本GPでの事故時にジュール・ビアンキが254Gの衝撃を受けていたことを明らかにした。

ジュール・ビアンキは、17日(木)に25歳の若さでこの世を去った。

FIA安全委員会の副会長を務めるアンディ・メラーは、その衝撃は“クルマが48mの高さから地面に落ちる”のと同じだと述べた。

ジュール・ビアンキの事故の調査結果の詳細は9ヶ月前に Auto Motor und Sport によって公表されている。

GPSデータによると、ジュール・ビアンキは、ウェットコンディションを時速213kmで走行中にコントロールを失い、エイドリアン・スーティルのマシンの撤収作業にあたっていた6.8tのクレーンに55度の角度で時速126kmで衝突。クルマは、衝撃で縦方向に4m、横方向に2mゆがんだという。

当初、イヤープラグに設置されたGセンサーは92Gを記録していたが、現在ではそれが衝撃の瞬間に外れたと考えられている。

新たな計算では、実際の衝撃は254Gだったと確定された。

アンディ・メラーは「問題はマルシャの一部がクレーンの基部の下に入り込んだことだった。クレーンの底面に上から圧迫たようになった」と説明。

「突然の減速でそれはブレーキのような働きをした。このプロセスで、ヘルメットとクレーンとの接触があった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジュール・ビアンキ