フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、リタイアしたにも関わらずマレーシアGPでのドライブは自信になったと語る。

フェルナンド・アロンソは、フォーメーションラップでクラッチが壊れ、レース全てをクラッチなしで走らばければならなかった。すなわち、アロンソはギアを繋ぐためにシストダウンではスロットルで回転数を合わせなければならなかった。

フェルナンド・アロンソは、それが人生で最高のドライブであり、自信を高めてくれたと語る。

「チャンピオンシップへの強みになった」とアロンソは AS 紙に語る。

「問題を抱えてのレースでホイール・トゥ・ホイールの戦いができたという事実は、多くの自信を与えてくれた」

「このようなグランプリはこれまで経験がなかった」

「忘れられてしまう結果であることはわかっている。でも、僕たちはこれが人生で最高のレースだったとわかっている。数年間はそう言うつもりだし、彼らは僕がおかしくなったと思うだろうね」

リタイアによって、アロンソはチームメイトのフェリペ・マッサにチャンピオンシップ首位の座を明け渡したが、通常のレースができれば首位に復帰できるとアロンソは主張する。

「3レースを終えて時点では、誰が首位であるかはほとんど重要ではない。僕たちは3つの非常に完全な週末を過ごした。感覚はとても良いし、普通に物事が働けば、勝利を手にするためにトップ3〜4にいれる自信がある。それがバーレーンで起こったことだ」

「メルボルンでは22番手だったし、ここでは21番手だった。開幕戦のように普通の週末を過ごせれば、首位を取り戻せると確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | フェラーリ