角田裕毅、2023年F1シーズンはレッドブルに証明する最後のチャンス?
角田裕毅にとって、2023年F1シーズンはアルファタウリF1、そして、レッドブルのジュニアドライバーとして今後もF1に残るための実力を証明する最後のチャンスになる可能性が高いとMotorsport Mondayは分析する。

レッドブルの姉妹チームは、創設以来、ジュニアドライバーにチャンスを提供してきた。多くの場合、レッドブルの育成プログラムは冷酷で、結果を出せないドライバーは到着したときとほぼ同じ速さで F1を去っていたが、成功した者はF1のスターとしてグリッドに並んでいる。

セバスチャン・ベッテルは、その完璧な例であり、レッドブル・ジュニアチームによって数年間育成された後、レッドブル・レーシングでF1ワールドチャンピオンを4連覇し、F1で最も成功したキャリアの1つとを築き上げた。

マックス・フェルスタッペンもセバスチャン・ベッテルをエミュレートしようとしている(フェルスタッペンは、2015年にトロ・ロッソに昇格するまで真にアカデミーの一員ではなかったが)。

2016 年にレッドブル・レーシングに昇格したマックス・フェルスタッペンは、明らかなスピードと若さにより、将来の基盤を築いた。そして、シーズンごとにますます強さを増し、彼の実力は過去2年間で明らかであり、連続して F1ワールドチャンピオンを獲得している。

2028年シーズンまでの契約により、マックス・フェルスタッペンが今後数年間レッドブルの中心的存在であることは明らかであり、それはミルトンキーンズを拠点とする主要なチームでドライブを提供された人々の心に影響を与える可能性がある。

レッドブルは、2019年シーズンにピエール・ガスリーとアレクサンダー・アルボンが交代でマックス・フェルスタッペンのチームメイトを務めて以来、姉妹チームからドライバーを昇格させていない。どちらも最終的に失敗と見なされ、両方のドライバーは現在、レッドブルを離れてグリッドの他の場所で安定性を見つけており、アルファタウリからレッドブルの次の昇格に大きなプレッシャーをかけている。

2023年F1シーズンはまだ新車発表さえ行われていないが、すでに 2 人のドライバーが厳しいプレッシャーに直面しる。アルファタウリの角田裕毅とニック・デ・フリースのラインナップはすでに目標を与えられ、少なくとも 1 人は2023年末にチームを後にする可能性が高い。

現在、レッドブル・ジュニアチームは新陳代謝が激しく、若くて才能のある後輩が多数所属している。2024年シーズンに向けて角田裕毅とニック・ド・フリースに大きなプレッシャーをかけるのは、これらの後輩たちだ。

角田裕毅が2023年に目立った改善を見せず、貴重なリーダーシップを発揮しない限り、彼は2013末に解雇される可能性が高い。角田裕毅は、F1での2シーズンで、強烈なパフォーマンスを見せることもあったが、彼の無謀さと熱狂的な性格が何度も彼を打ちのめした。そして、レッドブルと2025年まで技術提携を結んでいるホンダの後ろ盾だけが彼をF1に繋ぎとめているとの見方も根強い。

アルファタウリF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、ルーキーには3年間の適応期間を与えるべきだと繰り返し述べており、角田裕毅はちょうど3年目を迎える。実際に過去にファエンツァを拠点とするチームは3年周期でドライバーを入れ替えてきた。

角田裕毅は、ニック・デ・フリースよりも多くの F1 経験を誇っているが、2019年のF2チャンピオンは様々なカテゴリーでキャリアを形成して、その適応力を示している。モンツァでの見事なF1 デビューは、デ・フリースが学習の早いことを示しており、アルファタウリF1での初シーズンにむけて大きな期待が集まっている。

ニック・デ・フリースには、すべてのルーキーと同じようにいくらかの余地が与えられるはずであり、ピエール・ガスリーがチームを離れた今、彼の経験と年齢 (2023 シーズンが始まると彼は 28 歳になる) がチームにとって貴重な資産であることが証明される状況になるかもしれない。

だが、過去数年間で才能の枯渇していると見られていたレッドブル・ジュニアチームは、2023年に、F2とF3でここ数年で最強のラインナップが見られるだろう。

2023年のF2 シーズンが終わることには、F1で実力を証明するチャンスに飛びつく次の才能が多数名乗りを挙げる可能性がある。これらには、印象的な初のF3キャンペーンを行ったアイジャック・ハジャル が含まれる。このフランス人は今年、F2 に参戦する予定であり、最近アカデミーに加わったゼイン・マロニーもそうです。

ゼイン・マロニーも初のF3シーズンで力強い活躍を見せており、彼の印象的なフォームが F2 に引き継がれれば、アルファタウリのドライブの最有力候補と見なされる可能性がある。レッドブルはこれまで、初のF2キャンペーンの後、ドライバーをF1に昇格させることを恐れていなかった(角田裕毅が最も最近の例)。

しかし、彼らがより長期のドライバーを望むのであれば、今年スーパーフォーミュラに参戦するリアム・ローソン、そして、昨年のF2選手権でそれぞれ5位と8位に終わった岩佐歩夢とエンツォ・フィッティパルディという選択肢もある。

レッドブルが一度に2人のルーキーを起用することを選択するシナリオも存在る。これは、2015 年にマックウ・フェルスタッペンとカルロス・サインツ、2018 年にピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーでそれを行った (ただし、ガスリーとハートレーは 2017年末にかけてレース経験を積んでいた)。

とにかく、レッドブルは、過去の問題であったジュニアチームの将来の選択肢が不足しているわけではない。これは、アルファタウリの角田裕毅とニック・デ・フリースに大きなプレッシャーを与える。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / レッドブル / アルファタウリ