角田裕毅、2022年F1シーズン前半戦の自己評価は『10点満点中7点』
角田裕毅は、F1での2シーズン目にドライバーとしてかなりの進歩を遂げたと感じており、2022年シーズン前半戦を10点満点中7点と自己評価した。

インタビューは、F1フランスGP前に行われた。ルーキーシーズンの同じ時点で5~6点をつけていた角田裕毅は、2022年シーズンはそれよりも高い点数をつけており、経験に伴う自信の上昇を示した。

「昨年の経験を活かすことができたと思います」と角田裕毅は語った。

「自分が何をしなければならないか、毎レースの週末にどのようにアプローチすべきかを分かっていることは、昨年と比べて間違いなくアドバンテージだと思います」

「同時に、昨年はほとんどすべての最悪のことを経験しましたが、そこから戻ってくることができました。ほとんどの状況で、昨年とは異なり、冷静さを保つことができました。それが主な違いです」

「レースウィークごとに、自分が何をしなければならないかを分かっています。それがメインのターゲットでしたし、重要な部分です。昨年はどうしたらいいのかよく分からず、良いパフォーマンスを発揮しなければならないと思っていました。しかし、どのように? FP1で良いパフォーマンスを発揮するには、セッションごとに異なる種類のテストを行う必要があります。僕が考えていなかったそれらのことです」

スクーデリア・アルファタウリのF1テクニカルディレクターであるジョディ・エギントンは、角田裕毅の評価に同意。角田のエンジニアリングスタッフとの仕事に関して1年の違いを指摘した。

「彼は成長しており、エンジニアと良好な関係を築いている」とジョディ・エギントンは語った。

「私は座って彼と話し、彼はマシンに何を求めているかについて意見を述べている。これは良いことだ。彼がクリックし始め、それについての意見を持っていることを意味するからだ」

獲得ポイントに関しては、角田裕毅は、昨シーズンのこの時点で獲得していた18ポイントから少し遅れている。今年は11ポイントしか獲得できていないが、さまざまな信頼性の後退を考慮すれば、それについては哲学的だ。

シニアドライバーのピエール・ガスリーは、2021年の夏休み前に50ポイントを獲得していたが、今年はわずか16ポイントとはるかに急激な低下に苦しんでいる。

「車からパフォーマンスを引き出すことに関して、自分が成し遂げたことにはとても満足しています」と角田裕毅は語った。

「チームとして多くの信頼性の問題を抱えていました。たとえば、サウジアラビアでは、FP3、予選、またはレースで走れませんでした。バーレーンではFP3セッションを失いました。ピエールもバルセロナでFP3を失っています。また、アゼルバイジャンでP7またはP6を走っていました」

F1アゼルバイジャンGPは、今シーズンの角田裕毅の最強のパフォーマンスになる予定だった。予選8位だった角田裕毅は、リアウイングのDRSの損傷によりピットインを余儀なくされたときに6位を走っていた。

「多くのことが起こりましたがが、全体として、自分がやったことにはまだ満足しています」と角田裕毅は語った.

「僕とピエールにポイント面で大きな違いはないと思います。僕がサウジアラビアとアゼルバイジャンで失ったものを考れば並んでいたはずです。満足しています」

角田裕毅 F1 スクーデリア・アルファタウリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / アルファタウリ