アルファタウリF1 角田裕毅 「怒りのイメージ払拭よりも重要なことがある」
角田裕毅は、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコの最近の“問題児”との発言について、車内での怒りの瞬間をコントロールすることよりも、焦点を当てるべき重要なことがあると考えている。

2021年にF1デビューを果たして以来、角田裕毅はインシデントについて頻繁に下品な言葉で大声で叫ぶことことで悪評を得ており、「トラフィックパラダイス」などの発言がパドックの流行語の一部になっている。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅を含むジュニアドライバー全員を監督しているが、オーストリアグランプリに先立ち、角田裕毅を“問題児”と称し、「怒りの爆発を起こしやすいが、彼はものすごく速い」と語った。

また、ヘルムート・マルコは、レッドブルが最近、角田裕毅を助けるために心理学者を雇ったことを明らかにし、角田裕毅は、コックピットで彼が「過熱」するのを防ぐことを望んでいると述べていた。

しかし、角田裕毅は、今年は自分の気性をよりよくコントロールできていると感じており、車の中で怒っているというイメージに対する懸念を軽視した。

「レーストラックでは、ヘルメットをかぶるとすぐにイライラしやすくなるかもしれません」と角田裕毅は語った。

「最近はに昨年に比べてうまくコントロールできているのは確かです。トラックで腹を立てるのは自分だけではないと思います」

「たぶん僕は叫んでいるので、それが理由で他の人よりも特に怒っているように見えるんだと思います。最近、私はそんなに怒っているわけではありません。落ち着いています」

「もちろん、毎回ではありませんけど。でも、焦点を合わせなければならないことが他にもあると思うので、それらのことはあまり気にしていません」

「叫んだとしても、そのレースウィークで良いパフォーマンスを発揮すれば、誰も気にしないと思います」

スクーデリア・アルファタウリは、ピエール・ガスリーが2023年もチームに残留することをすでに発表しているが、角田裕毅の将来についてはまだ最終決定を下していない。

スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表を務めるフランツ・トストはオーストリアで、スペイン以来ポイントを獲得できていない最近のフォームの落ち込みにもかかわらず、角田裕毅にはシートを維持する「良いチャンス」があると語った。

角田裕毅は、フランスグランプリの週末に向けて、アップデートされたアルファタウリAT03で「最初の3~4レースでの通常のルーチンとリズム」を取り戻したいと語った。

そして、予選ではQ3に進出して8番グリッドを獲得したが、決勝ではエステバン・オコンとの1周目の接触でレースを台無しにした。オコンは衝突を引き起こしたことで5秒のタイムペナルティを受けたが、角田は最終的にリタイアした。

「彼はコーナーの真ん中でアンダーステアになって、僕にぶつかったので、正直に言うと、僕にできることは何もありませんでした」と角田裕毅はエステバン・オコンとのインシデントについて語った。

「とても残念でした。トップ8は容易に可能だったと思います。本当に残念です。ハンガリーではもっと強くなって、良いポイントを獲得する必要があります」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / アルファタウリ