F1で2年目の角田裕毅 「ピエール・ガスリーとより会話するようになった」
スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅は、F1での2シーズン目にチームメイトのピエール・ガスリーとより多くの話をするようになったで恩恵を受けていると語る。

角田裕毅のルーキーシーズンは浮き沈みのなるものとなり、評価の高いピエール・ガスリーとの差は大きかった。しかし、そのギャップは2022年には狭まっており、特にイモラでは角田裕毅がピエール・ガスリーをほぼすべてのセッションで上回った。

22歳の角田裕毅は、ピエール・ガスリーや他のチームメンバーとのコミニュケーションの改善が、F1ドライバーとしての彼の成長と進化に大きな役割を果たしていると語る。

「ピエールとは良い関係を築いています」と角田裕毅は先週マイアミでメディアに語った。

「昨年よりも多くチャットしているのは確かです」

「昨年よりも、車をより良くする方法、車の感触、そして、車をより良くするためのことについて、より多くの会話をしています」

「これらの会話は、よりF1ドライバー的なものになっていますし、昨年よりも多くなっています」

「間違いなく正しい方法であり、チームとして発展するための正しい会話です」

「現在、僕たちは進歩を楽しんでいます」と角田裕毅は語り、その結果、今シーズン、コース上の車の中で、より落ち着いていられるようになったと付け加えた。

「去年とは違う感覚です」と角田裕毅は認めた。

「快適に感じているとか、自信があると言うのは時期尚早ですが、感覚は違っていると思います」

「よりコントロールできていると言えます。より多くの状況をコントロールすることができていますし、チームの考え方を知っています。そなので、良くなっていると言えます」

角田裕毅はシーズン最初の4ラウンドのうち2ラウンドでポイントフィニッシュを達成しているが、ジェッダでは、AT03がグリッドに向かう途中で技術的な故障に見舞われてレースをスタートすることができなかった。

オーストラリアでは15位であり、マイアミGPでは12位で終えた。現在、角田裕毅は、合計10ポイントでドライバーズチャンピオンシップで12位につけている。

しかし、それでも、ジェッダとメルボルンの入賞でわずか6ポイントしか獲得していないピエール・ガスリーをうわまあ割っている。前戦マイアミGPで、カスリーは、フェルナンド・アロンソとランド・ノリスとの接触の後、レースをリタイアしている。

角田裕毅は9番グリッドからスタートし、なんとか全レースディスタンスを走り続けたものの、スタートからペースに苦戦し、12位でレースを終えた。

スクーデリア・アルファタウリのテクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンは「裕毅は最初のスティントで苦しみ、早めのストップで巻き返しにかけたものの、2回目のスティントでもペースとマシンバランスが安定せず、前進することができなかった」と振り返る。

「すべてのデータを洗いざらい分析して、問題の原因を究明しなければならない。裕毅はソフトタイヤを履いた最後のスティントでなんとかペースを上げたが、巻き返せるだけのラップ数は残っておらず、ポイント圏外でレースを終えた」

「バルセロナに到着するまでに、やらなければならない仕事が山積みだ。今日のパフォーマンスの背後にあるさまざまな要因を理解し、パッケージを前進させれば、再びポイントを獲得できるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ピエール・ガスリー / アルファタウリ