角田裕毅、F1初年度を反省 「食事はUberEatsでゲーム三昧の日々だった」 / スクーデリア・アルファタウリ
スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅は、2021年シーズン序盤はUberEatsで食事を注文してゲーム三昧の日々だったと反省する。

今年、F1で2シーズン目を迎える角田裕毅は、F2からF1へのステップアップでフィットネスを過少評価していた。しばしば、トレーニングへのモチベーションを欠き、ジムが好きではなく、ジムにも情熱を持っていないと語っていた。

スランプに陥った角田裕毅に対し、レッドブルは英国からイタリアへの転居を命じた。ファエンツァのファクトリーの近くに引っ越した角田裕毅は、チーム代表のフランツ・トストの監督下でトレーニングをスタートさせた。

それ以前は、角田裕毅のトレーニングはすべて午前中に行われ、午後は運転以外のお気に入りの趣味である食べ物やゲームのために自由に過ごしていていた。

「ご想像のとおり、僕はプレッシャーをかけられました! フランツからイタリアに引っ越さなければならないと言われた時点ですでにプレッシャーできた」と角田裕毅はThe Raceに語った。

「彼は、シーズン前半に僕が英国にいて、午前のセッションでトレーニングして、午後は何もせず、毎日毎日、片手でUberEatsを注文し、一日中ゲームをしていたことを知っていました」

「すでにイタリアに引っ越しているので、彼がどれだけ僕をジムに押し込んでいるか想像できると思います。彼はいつも、僕がどのようにやっているか、どれだけのトレーニングをしているかを見ることができる場所から僕をコントロールしようとしていた」

冬の間、角田裕毅はルーチンとトレーニングが今年より良い場所に身を置くための主な焦点であると語った。

初年度、肉体的に厳しいトラックで、角田裕毅は、フィットネス不足のために最高のドライビングパフォーマンスを発揮できなかった。彼は自分が間違っていることに気づき、強化する必要があることを認め、次のように述べた。

「彼(フランツ・トスト)は特にトレーニングに力を入れていましたが、フランツについてはまったく恨みは感じていません」と角田裕毅は語る。

「実際、フランツはたくさんのトレーニングをしているからです。僕たちは競争的であり、彼は4時半か5時くらいに起きて、冬の条件でも毎朝10kmのランニングに出かけるくらいです」

「何も文句を言うことはできません。彼はアスリートです。彼はすでに60歳くらいですが、僕はまだ20歳なので、少なくとも彼よりも多くのトレーニングをしなければなりません!」

「それがモチベーションになっています。そして、それが僕が彼を尊敬している理由です」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / アルファタウリ