角田裕毅 インタビュー「F1で勝って片山右京さんを泣かせたいですね」
角田裕毅は、F1で勝利を挙げて同じ相模原出身の先輩ドライバーである片山右京を泣かせたいと笑う。

相模原出身の角田裕毅は、日大三高から和光高校に転校している。日大三高は片山右京、和光高校は佐藤琢磨の母校だ。1億2000万人の日本から17人しか誕生していないことを考えれば、これは驚くべき偶然だ。

「転校した高校が佐藤琢磨さんの母国だったです」と角田裕毅は GP Racing 笑顔で語った。だが、そのことに気づいたのはごく最近だったという。

父親がレース好きで、角田裕毅も地元の大会に出場してはいたものの、決してF1の大ファンではなかったため、片山右京のことも佐藤琢磨のことも知らなかった。

「何度かF1レースを見に行きました。7歳の時、初めて富士に行きました。雨が降っていたのを覚えています。でも、あの音が好きになれませんでした。とてもうるさくて、ずっと耳をふさいでいました。実際、僕が覚えているのはできるだけ早く家に帰りたかったということだけです」

「小さい頃は、レースだけが好きなわけではありませんでした。サッカー、スキー、スノーボード、アメリカンフットボール、バスケットボールなど、あらゆるスポーツが好きでした。だから、その時点で僕にとってはレースだけが重要なものではありませんでした。テレビで数回見た程度です。昨年のF2シーズン中に初めてチャンピオンシップの途中から最後までF1を見始めました」

だが、角田裕毅のキャリアにおいて重要な役割を果たしたのは、もう一人の日本のF1ドライバーだった。2016年にホンダの鈴鹿サーキット・レーシング・スクールのメンバーだったとき、角田裕毅はホンダの育成プログラムの選考に落ちている。

だが、角田裕毅は、日本初のフルタイムのF1レーサーであり、ロータス・ホンダでアイルトン・セナのチームメイトだった中嶋悟によって救済されている。

「11月だったと思います。それまではとてもうまくいっていて、常にP1とP2を争っていました。3月から初めてほとんど経験がなかったので、かなり低いポジションから始めて、かなり上達していました。でも、その時点で、僕はまだプレッシャーに本当に弱かったんです。最終テストでは、3つのレースがありましたが、2レース連続でジャンプスタートをしてしまい、もう1つのレースでもコースオフしてしまいました」

「それで、最初は落ちたと聞いていました。でも、中嶋悟さんが最後のイベントに来ていました。中嶋さんは、昨日ちょうどシケインを見ていて、特にシケインでの僕のドライビングに感動したと言ってくれました。それで、彼がホンダに僕を彼らのジュニアプログラムに採用するよう勧めてくれました」

「もし、僕が落とされていたら、レースを辞めるつもりでした。だから、彼がいなかったら、僕ここにいなかったと思います」

もちろん、角田裕毅は、中嶋悟が誰なのかも知らなかった。とにかくマシンを速く走らせたいだけだった。

それ以来、角田裕毅のキャリアは急速に発展した。2017年に全日本F4選手権を3位で終えると、1年後には14レース中7レースで勝利を挙げてチャンピオンを獲得。ハンガリーでレッドブル・ジュニアチームのF3のテスト参加して合格。ホンダは角田裕毅の活動の場をヨーロッパに移すことに決定した。

必然的に、ヨーロッパに適応するのに少し時間がかかった。角田裕毅は、英語で自分自身を表現するのに苦労し、F3での彼の進歩を少し遅らせたと認める。

「もちろん、ホンダは大いに助けてくれました」と角田裕毅は語る。

「たとえば、アパートと連絡を取ってくれたりしました。また、レッドブルのパーソナルトレーナーもかなり助けてくれました。でも、一人で引っ越してきて、F3シーズン前半は少し苦労しました」

「幼稚園のときにインターナショナルスクールに通っていて、そこではほとんど英語を話していました。遊んでいるときでさえ、英語を話さなければなりませんでした。だから、ほとんどの日本人と比べて、英語はかなり得意でした。でも、中学生からはあまり使わなくなったので、正直、ほとんどの語彙を忘れてしまい、特にスイスに引っ越してから最初の3か月は、脳内ですべてを翻訳していいるような感じでした」

「シーズン前半はF3でも少し苦労しました。トラックマップにここはアンダーステア、ここはオーバーステアといったようにフィードバックを書きこんでいましたね。その時点ではそれで十分でした。でも、最後の詳細の部分をどうやって説明していいのかがわかりませんでした」

「完璧なセットアップにするのに少し時間がかかりました。でも、少しずつ上達していき、シーズン後半からもう少し詳しく話せるようになりました。翌年、イギリスに引っ越して、英語も大いに役立ちました。良い一歩でしたね」

ヨーロッパに適応するのに言語では苦しめられたが、そこは天性のスピードで埋め合わせた。角田裕毅は2019年シーズン終盤にF3初勝利を挙げ、2020年にF2にステップアップ。シーズン序盤は不用意なクラッシュがあり、レッドブル・リンクでのレースでは無線トラブルによって勝利を失うなどの不運もあったが、ランキング3位でシーズンを終えてF1スーパーライセンス取得の資格を満たした。

そのパフォーマンスは、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコにF1へのステップアップを納得させるのに十分すぎるほどだった。ホンダF1が撤退に向けて準備を進めていたという事実は、ヘルムート・マルコに影響を与えたかもしれないが、それでも彼は若い速いドライバーにはしっかりと報いることで知られている。

結果として、角田裕毅はヨーロッパで2年の経験だけでモータースポーツの頂点であるF1まで上り詰めることになったが、決して動揺することはなかった。なぜなら、F1についてそれほど多くのことを知らなかったからだ。

F1デビューについて角田裕毅は「確かに、僕が期待したものではありませんでした」と認める。

「実際、バーレーンの前は・・・あまり怖くなかったですね。シーズン前半に表彰台を獲得しようとさえ思っていた」

角田裕毅は、DRSを早く開けるというトリックもあったが、プレシーズンテストを総合2番手で終えており、初レースにむけてあまり心配はしていなかった。ミディアムで挑んだQ2で敗退してQ3進出はならなかったが、13番手からスタートした角田裕毅は、いくつか素晴らしいオーバーテイクを見せ、F1デビュー戦を9位入賞を果たしている。

「バーレーンの後、自分のパフォーマンスには本当に満足していました」と角田裕毅は語る。

「Q2はうまくいかなかったので、完全には満足してできませんでしたが、パフォーマンス、そして、ロス・ブラウン、ヘルムート・マルコ、フランツ・トストなどからのフィードバックにはとても満足していました。だから、その時点では少し・・・状況について少し簡単に考えすぎていました」

最初のレースの後、ロス・ブラウンは角田裕毅を「ここ数年で最高のルーキー」と形容し、ヘルムート・マルコは「未来の世界チャンピオン」と絶賛した。半年後、そのような評価に同意する人は多くない。そして、角田裕毅自身も、挑戦を過小評価していたと認める。

「正直に言うと、そうですね」と角田裕毅は頷く。

「もちろん、F1のオンボードで見ていました。とても多くのグリップがあるなと思いましたね。F2までは大きなスナップが出てもマシンをコントロールできます。F1でもスナップが大きくてもコントロールできると思っていました。そうですね。過小評価しました。完全にそうですね」

良いニュースは、角田裕毅が所属しているチームがルーキードライバーの扱いにたけたアルファタウリだということだった

「彼ら全員がF1を過小評価している」とこれまで多くのトップドライバーを輩出してきたフランツ・トストは笑う。

「彼は日本人で、我々と一緒にいる最初の日本人だ。しかし、残りの部分は、何かユニークなものがあるとは言えない。彼は、他のレッドブル・ジュニアドライバーと同じように非常に熟練している。彼は速く、すぐに勝ちたいので、焦りすぎてしまったが、これは他のドライバーにも当てはまることだ」

「彼らはF1に来ると、全員がすべてを知っていると考える。彼らは、速く、それは簡単に行うことができる。そして、彼らはおそらく最初は良いレースをしていて、それから『これから彼らに自分の本当のポテンシャルを示そう」と考える。そして、彼らはクラッシュする」

角田裕毅、イモラの予選Q1でクラッシュを喫し、ウェットコンディションで行われた決勝ではルイス・ハミルトンを追い抜こうとしてスピンを喫した。ポルトガルでの別の困難な週末に続き、スペインで感情が爆発し、アルファタウリがピエール・ガスリーと同じ装備を彼に与えているかどうかを疑問視し、謝罪した。そして、モナコのFP2で再びクラッシュを喫した。

“過去数年で最高のルーキー”と称された角田裕毅は、間違いなく多くのミスを犯していた。

「私は彼にすでにバーレーンのレースの後で限界に達していると言った。これでは速くなることはできない、今は注意するべきだとね」とフランツ・トストは続ける。

「それからイモラで彼は予選で最初の走りでクラッシュした。だが、事前にドライバーに警告することはできない。彼はそれを経験しなければならない。そして、一度それを経験すると、限界がどこにあるかを把握する。だが、限界を見つけるには、クラッシュする必要がある。または少なくともマシンでグラベルに出る。そして、これは予選、それにFP1でも彼に起こった。そして、これについて話し合い、すべてを分析した。幸いなことに、彼は現在ファエンツァにる。」

フランツ・トストは、レッドブル・ジュニアチームの間で角田裕毅にユニークなものは何もないことを示唆することを少し面白がっている。もしそうなら、彼はチームからミルトン・キーンズからファエンツァの近くに転居を命じられることはなかっただろう。これは、元トロロッソの過去のドライバーの誰も経験していないことだ。

現在、フランツ・トストの監視の下で、角田裕毅はF1についてさらに学び、エンジニアと定期的に会話し、トレーニングを行い、すでにかなり堅実な英語を上達させ、スポーツ心理学者にさえ会っている。また、角田裕毅自身が認めているように、「画面の前」でコンピュータゲームをする時間も減った。

才能と素早いスピードの点で、角田裕毅はイタリアチームにとってこれまでレースをした中で最も才能のあるドライバーの一人かもしれない。しかし、彼は間違いなく、はるかに多くの研磨を必要とする粗いダイヤモンドだ。

「才能がなければ、成功することはできない。それは明らかだ」とF1ドライバーの彼の主要な基準についてフランツ・トストは語る。

「私にとっての2番目のポイントは情熱だ。F1のために365日24時間生きなければならない。そして、3番目のポイントは規律だ。体力トレーニング、栄養、完全な準備、生活スタイル、すべてがF1に適応しなければならない」

「今後、裕毅自身がどれだけ早く学ぶか、どれだけ早くこれらすべてを受け入れるか、そして、どれだけ早くこれらすべてに慣れるかにかかっている。スピード面では彼はトップドライバーに属している。だが、もちろん、彼は今学ばなければならず、訓練されなければならない。これは彼の手にかかっている。我々は彼にアドバイスすることしかできません。」

角田裕毅のルーキーシーズン前半戦は終わった。そして、もう表彰台について話すことはない。

「全体的に見て、シーズン前半は結果的に良くなかったと思います」と角田裕毅は認める。

「しかし、たくさんの実験をしたと思います。本当にレースではアップダウンがあり、一貫性がありませんでした。たとえば、フランスでQ1でスピンして、2回目も同じミスをしました。過去数年間はあまりそういったことはありませんでした。自分のパフォーマンスとドライビングに失望していることがたくさんあります。でも、それから学んでもいます」

「もっとラップが必要です。ハンガリーは良い例でした。FP1でクラッシュし、FP2を台無しにしてしまいました。それによって、予選までに完全にフリープラクティスは1回しかありませんでした。ほとんどのドライバーは、経験を積むために3回の完全なフリープラクティスセッションを行っています。だから、僕にはもっとラップが必要です。そして、それを達成するためには、おっと一貫性が必要であり、もっと落ち着くために、より多くの規律が必要です」

夏休み前、ファエンツァに引っ越した角田裕毅はホテル住まいをしていたが、8月にようやく家に落ち着いた。彼は間違いなく北イタリアの周りにもうしばらく滞在する予定だ。そして、シーズン初期の苦難に関係なく、彼のポテンシャルは依然として明らかだ。

「彼は大きく改善したと思う」とフランツ・トストは語る。

「そうでなければ、彼はブダペストで6位でフィニッシュできなかったはずだ。ブダペストでは非常に賢いドライビングをしていた。すべての経験と知識、そして、シーズン前半に彼が学んだことがまとまった。そして、彼はそれを手に入れた、彼は本当に良い方法でそれを手に入れた。そして、同じように続けてくれることを願っている」

角田裕毅とレッドブルの関係を考えれば、日本のファンは、角田裕毅がF1で優勝する初の日本人ドライバーになることを期待するかもしれない。

少なくとも片山右京はそうだ。角田裕毅の約30年前に相模原の同じ高校に通っていた片山右京は、後輩がそのマイルストーンに到達する才能を持っていると信じている。日本でのインタビューの中で、片山右京はそれが実現したら泣くとさえ語っている

「じゃあ、彼を泣かせようと思います!」と角田裕毅は笑う。

「もちろん、優勝できれば、それは素晴らしいことです。しかし、今は一貫性とラップにもっと集中する必要があると思っています」

「もちろん、日本人F1ドライバーになれたことは本当にうれしいです。特に、小林可夢偉さん以降、7年間、日本人ドライバーがいなかったですからね。だから、本当に嬉しいです」

「今年、鈴鹿がなくなってしまったのは残念ですが、日本のファンに喜んでもらえると嬉しいです。でも・・・優勝を達成するためには、より多くの規律と落ち着き、そして、ラップが必要だと思っています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1 / アルファタウリ