「角田裕毅の2022年の残留に迷いはなかった」とアルファタウリF1代表
アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、2022年に角田裕毅と契約を更新し、チームで成功するために支援を続けることにまったく迷いはなかったと語る。

今年、7年ぶりの日本人F1ドライバーとしてアルファタウリ・ホンダでF1デビューを果たした角田裕毅だが、これまでのところ、困難なシーズンを過ごしており、2022年もチームに残留するという発表に角田自身も“驚いた”と認めている。

ピエール・ガスリーと比較した全体的なクラッシュとミスとクラッシュの多さは、特にレッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコの批判の対象となっていた。

しかし、レッドブルF1は、緩和策として、角田裕毅をアルファタウリの拠点に近づくためにイタリアに転居させるなど、パフォーマンスを向上させるための措置を講じている。そして、ルーキーの角田裕毅はこれまでに経験したことのないトラックでレースをしているというディスアドバンテージもある。

アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、角田裕毅がシーズンの残りの期間も改善し続けると信じており、ガレージの反対側にいるピエール・ガスリーと比較して改善できるよう支援していくと語る。

角田裕毅を交代させる可能性はあったかと質問されたフランツ・トストは「個人的に迷いはなかった」とフランツ・トストは答えた。

「昨今では、ルーキをF1に連れてくる場合には時間を与えなければならない。F1は本当にかなり複雑で、かなり難しい。若い男がやってきて、経験豊富なドライバーにどこに進むべきかを示すことは期待できない」

「裕毅はこれまでかなり良い仕事をしている。彼は速く、ブダペストでは6位でフィニッシュし、最初のレースとなるバーレーンで彼は9位だった。もちろん、彼は何度かクラッシュしたが、私はクラッシュ期間は教育プロセスの一部だと常に言っている。クラッシュすることを許されなければ、どのように限界を見つけるのかとね。もうこれでクラッシュ期間が終了してくれることを期待している」

「シーズン後半を楽しみにしているが、ヤングドライバーは全員、アメリカ、メキシコ、サンパウロ、トルコのどれも知らないため、簡単なシーズンにはならない」

「サウジアラビアは誰も知らないので、彼を良いレベルに持っていくには我々の前にたくさんの仕事があることを意味するが、彼には現在のF1で最速のドライバーの一人であるピエール・ガスリーが傍にいるので、彼は多くのことを学び、データや彼のスキルと比較することができる。彼はギャップを縮められると思う」

「新しいマシンとなる来年にこのドライバーラインナップを楽しみにしている。少なくとも我々には一貫性があるし、我々にとってはそれが重要だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1 / アルファタウリ