角田裕毅、全F1ドライバーで2番目に高額なマシン修理代
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅は、第7戦F1フランスGP終了時点で全F1ドライバーのなかで2番目に高額となる162万6500万ユーロ(約2億1500万円)のマシン修理代をチームに負わせていると F1 MAXIMAAL.NL が算出している。

角田裕毅は、F1フランスGPの予選Q1の開始早々にクラッシュ。今季は第2戦F1エミリア・ロマーニャGPの予選Q1、F1モナコGPのフリー走行、F1アゼバイジャンGPの予選Q3でもクラッシュしてマシンを壊している。

今年のルーキーのなかではミック・シューマッハもクラッシュを喫している回数は多いが、チームへの負担は角田裕毅よりも少ない。スピン多発の印象があるニキータ・マゼピンは全体の7番手とそこまでマシンを壊していない。

現時点で最も高額なマシン修理代がかかっているのはバルテリ・ボッタスの193万4000ユーロ(約2億5500万円)。F1エミリア・ロマーニャGPでジョージ・ラッセルと高速でクラッシュして、マシンを大破させたことが響いている。

今年からF1には1億4500万ドルの予算上限が導入され、各チームが節約しながらシーズンを戦っており、修理代がかさむと新たなパーツ開発や在庫などでチームに負担を強いることになる。

各F1ドライバーのマシン修理代(第7戦 F1フランスGP 終了時点)
 ドライバー発生した総損害壊したパーツ
1バルテリ・ボッタス1,934,000ユーロ2xフロントウィング、2xバージボード、1xモノコック、2xフロントサスペンション、4xホイール、1xサイドポッド、2xリアサスペンション、1xフロア、1xギアボックス、4xブレーキ
2角田裕毅1,626,500ユーロ3xリアサスペンション、2xリアウィング、2xフロア、2xギアボックス、1xホイール、1xフロントウィング、1xフロントサスペンション
3ミック・シューマッハ1,621,500ユーロ4xフロントウィング、1xバージボード、2xフロントサスペンション、3xホイール、1xサイドポッド、1xリアサスペンション、1xリアウィング、1xフロア、1xギアボックス、4xブレーキ
4ニコラス・ラティフィ1,093,500ユーロ3xフロントウィング、3xバージボード、3xフロントサスペンション、3xホイール、1xフロア、4xブレーキ
5シャルル・ルクレール1,051,500ユーロ
3xフロントウィング、2xバージボード、2xフロントサスペンション、2xホイール、1xサイドポッド、1xリアオペレーション、1xフロア、3xブレーキ
6ジョージ・ラッセル835,000ユーロ1xフロントウィング、2xバージボード、2xフロントサスペンション、2xホイール、1xシャーシ、1xフロア、2xブレーキ
7ニキータ・マゼピン553,000ユーロ2xフロントウィング、1xフロントサスペンション、2xホイール、1xリアサスペンション、1xリアウィング
8キミ・ライコネン440,000ユーロ2xフロントウィング、1xリアウィング、1xバージボード
9ダニエル・リカルド316,500ユーロ1xフロア、1xホイール、1xフロントウィング、1xフロントサスペンション
10セバスチャン・ベッテル435,000ユーロ3xフロントウィング
11マックス・フェルスタッペン435,000ユーロ3xフロントウィング
12アントニオ・ジョヴィナッツィ251,500ユーロ1xホイール、1xフロントウィング、1xフロントサスペンション
13ランス・ストロール251,500ユーロ1xホイール、1xフロントウィング、1xフロントサスペンション
14ルイス・ハミルトン210,000ユーロ1xフロントウィング、1xフロア
15ピエール・ガスリー145,000ユーロ1xフロントウィング
16フェルナンド・アロンソ145,000ユーロ1xフロントウィング
17カルロス・サインツ145,000ユーロ1xフロントウィング
18セルジオ・ペレス75,000ユーロ1xホイール、1xフロア、1xブレーキ
10エステバンオコン65,000ユーロ1xフロア
20ランド・ノリス--


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1 / F1マシン / アルファタウリ