アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅、パーツ交換でピットレーンスタート / F1フランスGP 決勝
角田裕毅は、F1フランスGPの予選Q1でクラッシュを喫しことでマシンのパーツ交換を余儀なくされ、決勝をピットレーンからスタートすることになった。

角田裕毅は、予選Q1の最初のアタックのターン1でスピンを喫し、ポール・リカールのバリアに後方から突っ込んだ。日曜日の朝、FIAのテクニカルデリゲートであるジョー・バウアーは、アルファタウリ・ホンダF1が角田裕毅のAT02車のフロアを土曜日に使用したものとは異なる仕様の1つに変更し、サスペンションに変更を加えたことを明らかにした。

しかたっが、角田裕毅は今ピットレーンからスタートしなければならないことを意味する。いずれにしろ、予選でタイムを設定しなかった角田裕毅は最後尾グリッドからスタートすることになっていた。

また、アルファタウリ・ホンダF1は角田裕毅のギアボックスも変更した。これにより、5グリッド降格も発生するが、ピットレーンのスタートによって冗長される。

セッションの後、角田裕毅は何が起こったのかを説明した。

「ターン1で黄色い縁石の内側に行き過ぎました・・・そしてスロットルを開けたとき、リアタイヤがまだ黄色い縁石に残っていたようで、スピンアウトてしまいました」と角田裕毅は語った。「バリアを回避するためにできるだけブレーキをかけようとしましたが、まるでアイススケートのようでしたし、後ろから突っ込んでしましました」

一方、予選でより激しくクラッシュしたミック・シューマッハについては、ハースF1はギアボックスを交換することなく修理したようだ。

ミック・シューマッハは、Q1終了間際にターン6の出口でクラッシュし、その間にセッションは赤旗のまま終了。14番手にQ2に進出した。

予選Q2は初めてだったが、マシンのダメージにより参加できなかった。ギアボックスを変更する必要がある場合、ミック・シューマッハも5グリッド降格ペナルティを科せられたが、レース前にFIAからの変更の通知がなKu、チームは損傷がなかったと確信しているようだ。ミック・シューマッハは15番手からレースをスタートする。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1 / F1フランスGP / アルファタウリ