角田裕毅、F1デビューに向けてホンダを表敬訪問
2021年にアルファタウリ・ホンダでF1デビューが決定している角田裕毅が、ホンダを表敬訪問した。

今年のFIA-F2をランキング3位で終えた角田裕毅は、2021年にアルファタウリ・ホンダでF1デビューを果たす。日本人がF1にレギュラードライバーとして出場するのは、2014年シーズンまで参戦していた小林可夢偉以来7年ぶり、ホンダのドライバー育成プログラム出身者としては2002年から2008年まで参戦していた佐藤琢磨以来13年ぶりとなる。

現在、帰国している角田裕毅はスーツ姿でホンダを表敬訪問し、八郷隆弘社長、倉石誠司副社長に挨拶した。

「ホンダの八郷社長と倉石副社長にご挨拶してきました」と角田裕毅はソーシャルメディアに写真を掲載。

「いつも応援いただき、ありがとうございます」

「目の前の小さな目標を一つひとつクリアし、大きな夢に近づいていきたいと思います」

角田裕毅、八郷隆弘社長、倉石誠司副社長l

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1 / アルファタウリ