WRC ラリー・アルゼンチン トヨタ
WRC 第5戦 ラリー・アルゼンチンのシェイクダウンテストが27日(木)に行われ、トヨタのヤリ・マティ・ラトバラがトップタイムを記録した。

初秋の南半球、アルゼンチンで開催されるラリー・アルゼンティーナは、グラベルラリーの魅力と難しさが凝縮した1戦。SSの途中には川渡りやジャンピングスポットも多く現れ、選手だけではなく、ファンにとっても非常に魅力的なラリーである。

シェイクダウンはサービスパークの置かれるカルロス・パス近郊の山間部の6.01kmのステージが舞台。トップタイムを記録したのはトヨタのヤリ・マティ・ラトバラ。2014年にラリー・アルゼンチンで優勝しているラトバラは、2番手のヘイデン・パッドン(ヒュンダイ)に0.1秒差でトップに立った。

3番手にはダニ・ソルド、4番手にはティエリー・ヌービルとヒュンダイ勢が続き、ランキングトップのセバスチャン・オジエ(Mスポーツ)は5番手タイムだった。

トヨタのユホ・ハンニネンは10番手タイムを記録した。

2017 WRC 第5戦 ラリー・アルゼンティーナ シェイクダウンステージ

順位ドライバーマシンタイム
1ヤリ‐マティ・ラトバラトヨタ ヤリスWRCM4分02秒0
2ヘイデン・パッドンヒュンダイi20クーペWRCM4分02秒1
3ダニ・ソルドヒュンダイi20クーペWRCM4分02秒2
4ティエリー・ヌービルヒュンダイi20クーペWRCM4分02秒6
5セバスチャン・オジェフォード フィエスタWRCM4分03秒0
6マッズ・オストベルグフォード フィエスタWRCM4分03秒4
7クリス・ミークシトロエン C3 WRCM4分03秒5
8クレイブ・ブリーンシトロエン C3 WRCM4分04秒4
9オット・タナクフォード フィエスタWRCM4分05秒3
10ユホ・ハンニネンフォード フィエスタWRCM4分06秒4


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: WRC (世界ラリー選手権)