ニコ・ヒュルケンベルグ
ウィリアムズが、ニコ・ヒュルケンベルグの放出を検討しているとイギリスの The Sun が報じている。

ルーベンス・バリチェロは、ウィリアムズとの契約を延長したとみられているが、ニコ・ヒュルケンベルグはまだ2011年の契約にサインしていないことを認めており、ウィリアムズは1,500万ドル(約12億1700万円)のスポンサー資金を持ち込めるパストール・マルドナドの起用を真剣に検討しているとされている。

The Sun は、「ヒュルケンベルグは解雇に直面している」と報じ、フォース・インディアのエイドリアン・スーティルが、300万ドル(約2億4,350万円)の持参金でヒュルケンベルグのシートを奪う可能性があるとしている。

また Evening Standard は、ウィリアムズの過去5年間の合計損失は900万ドル(約7億3,000万円)以上にのぼっており、昨年は負債に加え利益も50%低下したと報じた。

ウィリアムズの少数株主でニコ・ヒュルケンベルグの熱心なサポーターとして知られているトト・ヴォルフも、チームのドライバー状況は今のところ未定でだと認めている。

「現時点では何が起きてもおかしくない。今はできるたけ多くの情報を集めようとしている」とトト・ヴォルフは motorline.cc に述べた。

「概してに言えば、チームは大きく進歩している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ウィリアムズ | ニコ・ヒュルケンベルグ