ウィリアムズF1代表 「アルボンもサージェントの起用を支持している」
ウィリアムズF1のチーム代表ヨースト・カピートは、2023年のチームメイトの選択に影響を与えるアレクサンダー・アルボンの役割を明らかにした。

アレクサンダー・アルボンは、2022年シーズンにウィリアムズF1に加入し、8月上旬に2023 年以降もチームに留まる複数年契約に署名した。翌月、ウィリアムズはニコラス・ラティフィが今シーズン限りで退団することを発表した。

ウィリアムズF1が意図するニコラス・ラティフィの後継者はローガン・サージェントです。先週末のF1アメリカGPでチームはアメリカ人ドライバーが F1スーパーライセンスを取得できれば2023年のシートに座ると発表した。

過去10シーズンで、ウィリアムズF1で走った12人のドライバーのうち 8人がルーキーとしてチームに加わった。ヨースト・カピートは、他のチームが2023年に向けて経験豊富なドライバーを追いかけている中、若いドライバーでの成功がシートをローガン・サージェントに適したものにしたと語る。

「若いドライバーにとって適切な環境があると思う」とヨースト・カピートは説明した。

「また、アレックス(アルボン)がルーキーと若いドライバーを支持したという状況もあった。アレックスはチームリーダーであり、経験があり、まだ若い。ローガンに対して彼の態度に躊躇はなかった」

「彼はローガンを支持しているし、若いドライバーを支持している。これが彼のカリスマ性であり、彼の特徴であり、チームに若いドライバーを獲得することと完全に一致していまる。また、我々がアレックスと話し合ったとき、アレックスもローガンをセカンドドライバーにすることを推していた。彼もそれを望んでいた」

ヨースト・カピートは、ウィリアムズF1が7月のイギリスGPから「ローガンはF1の準備ができている」ことを知っていたが、F2シーズンの早い段階であり、ロータン・サージェントがF1スーパーライセンスの資格を得ることができない可能性があるため、2023年の契約交渉に入ることを延期したと語った。残り2レースでF2ポイントテーブルの3位につけている今、それは形式的なものに思える。

「もちろん、(シルバーストーンは)シーズンのとても早い時期であり、これからやるべきことがたくさんあるので、それを約束することはできなかったし、浮き沈みがありました。しかし、ローガンがF2でレースウィナーであることがわかったことで問題はなくなった。彼は来年の準備ができている」

「だが、それでもまだ遠すぎた。そのため、他のドライバーとも話をして、オプションを整理する必要があった。それは最終的な決定を下すのにも役立ったし、ローガンが何らかの理由でスーパーライセンス ポイントを取得できなかった場合のリスクをカバーすることもできた」

2023年のF1シートが発表された日、ローガン・サージェントはサーキット・オブ・ジ・アメリカズでウィリアムズとプラクティスセッション デビューを果たした。彼は、2023年の準備として、今年あと2つのレースでフリー走行1回目に参加する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / アレクサンダー・アルボン / ローガン・サージェント