ウィリアムズF1 「F1ブームでアメリカ企業のスポンサーが2倍以上に増加」
ウィリアムズF1のコマーシャルディレクターであるジェームズ・バウアーは、リバティメディアがスポーツを支配権を握って以来、F1に関与するアメリカ企業の数が2倍以上に増加したと述べた。

F1は、Netflixのドキュメンタリー「Drive to Survive」の成功と、トラック上のエンターテインメントを組み合わせて、アメリカで人気を博しているスペクタクルを生み出し、現在、その歴史の中で間違いなく最も人気のある時期を享受している。

F1が10年前に初めてオースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズに来て以来、テキサスで人気が高まっており、昨シーズンは40万枚のチケットがソールドアウトなり観客が詰めかけた。

そして、アメリカでのレースの数は、今年デビューしたマイアミ・インターナショナル・オートドロームと加え、2023年にはラスベガスグランプリの追加にとって3つに増える。

アメリカの“打開”は、2016年の終わりにF1を引き継いだリバティメディアの主要なターゲットであり、彼らの多大な努力は報われたようだ。それに伴い、多くの企業がF1に参加することを望んでいるとウィリアムズF1のコマーシャルディレクターは述べた。

「2015年には、このスポーツに米国に本社を置く企業が45社あった。今年の現在の数は108社であるため、2倍に増えている」とジェームズ・バウアーは Business of F1 Forumで述べた。

「テクノロジーパートナーについて言及すると、F1は間違いなく地球上で最もデータ主導のスポーツだと思う。そのため、特に北米のテクノロジー企業からの巨大な流入が見られる」

「ウィリアムズの我々にとって興味深いことに、我々はドリルトンとの新しいオーナーシップがある。ドリルトンが何をしているのかを理解している人は多くないが、彼らは本質的にニューヨークを拠点とするプライベートエクイティハウスであり、企業のポートフォリオがある」

「彼らが実際に持っているものの1つにベンチャーキャピタルの子会社であるドリルトン・ベンチャーズがある。これは、車とドライバーに表示されている。彼らはテクノロジー企業の初期段階の起業家にF1を活用している。なぜなら、これらの起業家はすべて米国にいてもF1を愛していることがわかっているからだ」

F1のレースプロモーションのグローバルディレクターであり、ラスベガスとマイアミにスポーツをもたらすための主要なアーキテクトであるクロエ・ターゲット・アダムスは、アメリカでのスポーツの未来について陽気になる理由はたくさんあると考えている。

クロエ・ターゲット・アダムスは、F1が「素晴らしいレーシングプロダクト、驚くべき世代の若いヒーロードライバー、そして、Netflixエフェクトの美しい組み合わせを、すべてをその時点でまとめることができた」と信じている。

「場所としてのマイアミは、2017年にドルフィンズと一緒に取り組み始めたものだった。それがようやく登場し、10年後に発展させてきたCOTAの40万人以上の米国の視聴者はちょうどいいタイミングだと感じている。そのエンゲージメントはその世代全体に存在する」とクロエ・ターゲット・アダムスは付け加えました。

「それはすべての組み合わせであり、将来その成長を見ることができるだろう」

アメリカへの関心の高まりとともに、2015年以来初めてアメリカ人ドライバーがF1に参戦することへの要求が高まっている。

F1参入を目指すマイケルアンドレッティは、近い将来にそのような動きが起こすための「正当な道」を作りたいと考えている。インディカーのスター、コルトン・ハータは、2024年のマクラーレンへの移籍が噂されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / F1スポンサー