元F1王者デイモン・ヒル 「ウィリアムズ FW44のパッケージングは驚異的」
元F1ワールドチャンピオンのデイモン・ヒルは、3日間のF1バルセロナテストで注目の1台としてウィリアムズ FW44を挙げた。

新しい2022年F1レギュレーション導入により、ウィリアムズには、他のすべてのチームと同様に、グリッドの上位のポジションを目指して戦い、いつかは勝利とワールドチャンピオンを目指して戦うことを夢見るチャンスが与えられた。

ウィリアムズにとって、トップに返り咲くための道のりはこれまでのところ信じられないほど長いものだった。コンストラクターズチャンピオンシップで2年連続で2位だった2004年以降、その後の18シーズンのうち16シーズンで4位以下で終えている。

実際の腐敗は2018年から始まり、2020年までの3シーズンを最下位で終えた。その間、チームを創設したウィリアムズ家は撤退し、ドリルトン・キャピタルへと支配権が写った。

2021年ジーズン、8位へと小さな改善を表していたが、ウィリアムズは真の進歩を遂げるために、新しいレギュレーションを切実に必要としているチームの1つだった。ウィリアムズのF1チーム代表を務めるヨースト・カピトは、改善のために“問題解決にあたっている”と主張している。

そして、ウィリアムズが2022年の勢力のどこに収まるかについてはまだ暗闇の中にあるが、新しいレギュレーションの解釈において、チームは大胆で極端な側にいることは間違いない。

ウィリアムズの2022年F1マシン『FW44』は、鋭いノーズ、サイドポッドが車の非常にタイトなバックエンドにつながっているアグレッシブな外観を備えており、ライバルと比較しても際立っている。

デイモン・ヒルは、F1バルセロナテストで際立っていたチームとしてウィリアムズとフェラーリを挙げ、両チームのいくつかの類似点を指摘した。

「ウィリアムズは信じられないほど過激だ。パッケージングは驚異的だ」とデイモン・ヒルはF1 Nationで語った。

「ウィリアムズの状況は少しフェラーリに少し似ている。跳ね馬は、パワーユニットに問題があったときに少し身動きが取れなくなり、巻き上げられ、ウィリアムズと同様にリセットモードに入った」

「それで彼らは基本的に2021年を諦めtあ。昨年は無駄な年のようだった。そして、彼らはより多くのリソースを2022年の車に捧げることができた。それが彼らが面白い理由かもしれない」

「メルセデスがフェラーリが6か月先にいると考えているなら、メルセデスとレッドブルは昨年のチャンピオンシップとの戦いにあまりにも多くのエネルギーを費やさなければならなかったことが分かるかもしれない。何が起こるか見てみよう」

フェラーリのサイドポッドとボディワークは非常に深くカットされており、“バスタブ”と形容されている。だが、デイモン・ヒルは、それらのアグレッシブな形状がコース上でのさらなる改善につながるかどうかを懸念している。

「フェラーリのサイドポッドとボディワークはとてもユニークで、驚異的だ」とデイモン・ヒルは付け加えた。

「しかし、ある非常に経験豊富なカーデザイナーの一人が、しばらく前からフェラーリを見ており、『うーん、まるで委員会によって設計されたように見える』と言っているのを見にした」

「フロントエンドは一方向に進んでいるように見え、バックエンドは別の場所に向かっているように見える」

「新しいレギュレーションがどのように機能するかは誰にもわからない。だが、ピットレーンの上から下までかなりの違いがある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ