ウィリアムズF1代表 「アルボンとの契約はBチームではないことの証明」
ウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピトは、アレクサンダー・アルボンと契約することでウィリアムズがメルセデスのBチームではないことを証明したと考えているが、それがアルボンが選ばれた理由ではないと語る。

ジョージ・ラッセルが2022年にメルセデスF1に移籍することが決定し、後任としてニコラス・ラティフィのチームメイトを務めるドライバーには、現在、レッドブルF1でリザーブドライバーを務めるアレクサンダー・アルボンが選ばれた。

これは、フォーミュラEドライバーのニック・デ・フリースのシートを確保しようとしたウィリアムズのエンジンサプライヤーであるメルセデスの意向に反する動きだった。

アレクサンダー・アルボンを選んだことは、ウィリアムズがメルセデスのBチームではないことを証明だとヨースロ・カピトは語る、それがアルボンと契約した主な理由ではないと強調する。

「それは我々がBチームではないことを示し、確認するものだ」とヨースト・カピトは The Race に語った。

「このメッセージを誰かに送信することは重要ではない。我々がチームにとってベストを尽くしていることを示しているだけであり、チーム内でそれを決定している。我々は自分以外の誰にも動かされていない」

「このメッセージが外に出るのは明らかだが、メッセージのためにそうしたわけではない」

ヨースト・カピトと共同経営者は、そうしなければF1ワールドチャンピオンになることはできないと感じているおり、今後も独立を強調し、主張することに熱心だ。

「Bチームとして、決してワールドチャンピオンになることはない」とヨースト・カピトは付け加えた。

「他の会社や他のチームに依存していれば、ワールドチャンピオンに勝つことは決してないし、そういったメッセージを持っていることでチーム内の信頼がなくなる」

「そうすることはワールドチャンピオンになることを諦めるこということだ。ただショーの一部になりたいと言っているよなものだ。それでおしまいだ」

しかし、ヨースト・カピトは、ニック・デ・フリースよりもアレクサンダー・アルボンと契約する決定に大きな役割を果たした複数の要因があったと強調。具体的には、アルボンのF1経験、態度、そして比較的若い年齢を買ったと語る。

「彼の経験、彼と一緒に働いた人々が彼がどのように働くか、彼がどのようにマシンをセットアップして改善することができるか、また彼の性格について言っていることだ」とヨースト・カピトは言いました。

「ドライバーの個性がチームの個性に合うことが非常に重要だ。そして、彼の考え方はまさに我々がチームに持っている考え方だと思う」

「我々は、F1の経験があり、まだ道を進んでいるドライバーを選びたかった。チームを作りたいのならば、一貫性も必要だ。そして、我々は彼をチームの長期的かつ複数年のメンバーと見なしている」

「もちろん、何が起こり、すべてがどのように発展するかを常に確認する必要がある。しかし、その意図は彼を長く起用することだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / アレクサンダー・アルボン