ウィリアムズF1のドライバー候補にヒュルケンベルグやクビアト
ウィリアムズF1は、2022年にジョージ・ラッセルがメルセデスF1に呼び戻された場合、バルテリ・ボッタスだけでなく、他にも複数のドライバーを検討していると報じられている。

メルセデスF1は、ジュニアドライバーのジョージ・ラッセルをルイス・ハミルトンのチームメイトに昇格される時期が適切かどうかを検討しており、ラッセルが3年間の“レンタル期間”を終えることになった場合、ウィリアムズF1には空席ができることなる。

噂では、ジョージ・ラッセルとバルテリ・ボッタスとラッセルの“入れ替え”が噂されている。はるかに競争力に劣るマシンに乗ることになるので、正確には“ソフトランディング”とは行かないが、過去に所属経験のあるボッタスはチームにとって魅力的な選択肢かもしれない。

しかし、Formula1.comの記者兼インタビュアーのローレンス・バレットによると、ウィリアムズは2022年にジョージ・ラッセルを失った場合、候補リスト乗っている名前は1人だけではないと考えている。

ローレンス・バレットは、バルテリ・ボッタスの下にはニコ・ヒュルケンベルグとダニール・クビアトが書かれていることを理解している。どちらも今シーズンはレースシートがなく、それぞれメルセデス/アストンマーティンとアルピーヌのリザーブドライバーを務めている。

ニコ・ヒュルケンベルグは2010年に最初のF1シーズンをウィリアムズと過ごした後、パストール・マルドナドの加入によってチームを追われることになった。

また、より投機的な意見では、“フリーエージェント”になった場合には、ピエール・ガスリーがオプションになる可能性があることを示唆している。だが、アルファタウリがそうする理由は見つからず、ガスリーはレッドブル・ファミリーらの出口を自分で設計する必要があると思われる。

ウィリアムズ・アカデミーのメンバーであるダニエル・ティクタムについては「検討されていたが、候補から脱落したと考えられている」とローレンス・バレットは語った。

そして、主要なF2チャンピオンシップの候補者は他のアカデミーに所属しているため、ウィリアムズが望んでいた場合、獲得は困難になる。周冠宇とオスカー・ピアストリはアルピーヌ、ロバート・シュワルツマンはフェラーリ、ユーリ・ビップス、リアム・ローソン、ユアン・ダルバラはレッドブル、テオ・プルシェールはザウバーと育成ドライバー契約を結んでいる。

一方、ジョージ・ラッセルの現在のチームメイトであるニコラス・ラティフィは、ラッセルと比較して苦戦しているにもかかわらず、ウィリアムズF1で第3シーズン目を過ごす「非常に強い可能性」があると述べている。

ウィリアムズF1のCEO兼チームプリンシパルのヨスート・カピトは、チームが過去数シーズンの暗い日々から進歩し、ドライバーにとってますます魅力的な選択肢になりつつあると考えている。ジョージ・ラッセルは前戦F1オーストリアGPでチームとQ3初進出を果たし、8番グリッドからレースをスタートした。

「将来、ドライバーのウィリアムズに加入への関心がますます高まっている」とヨースト・カピトは語った。

「彼らは、適切な財政的支援があり、チームが前進し、ドライバーも引き付ける用意があることを理解している。したがって、待つ時間が長ければ長いほど、状況は良くなると思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / ニコ・ヒュルケンベルグ / ダニール・クビアト