ウィリアムズF1:2020年 第1戦 F1オーストリアGP プレビュー
ウィリアムズF1は、2020年のF1世界選手権の開幕戦オーストリアGPにジョージ・ラッセル、ニコラス・ラティフィという布陣で挑む。

開幕直前にタイトルスポンサーであるROKiTとの契約を解消し、新たなカラーリングで挑むウィリアムズF1。過去2年間は最下位と低迷し、チーム売却のプロセスも進行するなかで迎えるシーズンとなる。

デイブ・ロブソン(シニアレースエンジニア)
長い休止期間を終え、F1は2020年のシーズンを開始するためにオーストリアに再招集する。チーム全体が再びレースをすることを楽しみにしている。メルボルンでのイベントに向けてマシン、ドライバー、エンジニアを準備してから長い時間が経過した。FP1に備えてマシンを始動させることに期待を胸を膨らませている。過去数か月のほとんどの間、我々は公式のシャットダウン期間に入っていたため、マシンの作業は中止されていた。しかし、シャットダウンからの復帰以降、オペレーション全体が実装され、新しいシーズンの開始に向けて準備ができていることを確認するために懸命に取り組んできた。マシンが走るたびに緊張と不安が生じるが、アドレナリン、興奮と危険の感覚は我々がアクションを本当に恋しく思っていたことを思い出させてくれる。2020年のF1の性質は通常とは少し異なり、結果として、今シーズンの最初の2ラウンドをレッドブル・リンクで争う。トラックのレイアウトとタイヤのコンパウンドはどちらのイベントでも同じだ。したがって、気象条件が安定している場合、ほぼ同じ条件で2つのフルレース週末にマシンとドライバーをテストするという稀な機会となる。オーストラリアは、シーズンの最初のレースにはトリッキーな会場だ。効率的なダウンフォース、効力なライド特性、そして、しばしば非常に高いレベルのPU冷却が求められるサーキットだ。ラップは短く、ミスを埋め合わせる機会がほとんどないため、ドライバーとエンジニアへのプレッシャーが高まる。とはいえ、F1マシンでレースするには素晴らしいセッティングであり、密室で開催されても素晴らしい雰囲気と強さを提供するだろう。バルセロナで最後に車を走らせた際には、2019年の終わり以降に行われた改善に勇気づけられた。だが、我々は幻想は抱いていない。懸命に働き続け、グリッドでさらに前進するために見つけられるすべての機会を最大化する必要がある。他チームも2月以降にマシンを改善する機会を得たと認識している。これまで以上に、ライバルのペースを予測することは困難で無駄なことだ。我々の最初の取り組みは、マシンを最大限に活用し、信頼性とレースができることを確実にし、我々の前に立ちはだかる激しい一連のレースについて学ぶことだ。ジョージとニコラスの両方がサーキットに精通しており、これにより金曜日の走行中のエンジニアリングに集中できる。我々全員が愛してやまないものに戻ることができることをうれしく思うとともに感謝している。ただし、ウィリアムズの全員、F1全体が、新型コロナウイルスによって苦しんでいたメンバー、苦しみ続けているメンバーがいることを忘れてはいない。2020年のF1シーズンが始まることで、少しずつ正常に戻る感覚が生まれ、世界が長期にわたる困難な時期からゆっくりと目覚め、エキサイティングな新しいエンターテイメントが提供されることを願っている。我々は新たな未来に直面しているが、公平に、敬意をもって、協力的に、そして、完全に包括的な方法でそれに立ち向かっていく」

ジョージ・ラッセル
過去にドライビングを楽しみ、良い結果を残したサーキットでレースに戻ることに興奮している。去年のF1での僕のベストレースだったので、本当に楽しみにしている。僕たちは最近多くのバーチャルレースをしてきたので、実際にレースをして、自宅から僕たちをサポートしてくれるファンにいくつかのエンターテイメントを提供するのは素晴らしいことだ。パフォーマンスの観点からは、冬のテストしか行っていないので、どうなるかについて先読みはしたくない。それでも、全力を尽くすつもりだ」

ニコラス・ラティフィ
「言うまでもなく、いよいよF1デビューを果たせることにワクワクしている! 最初のレースとして通常のビルドアップとは異なるのは確かだけど、過去数週間、いつもの調子を取り戻し、準備を高めてきたし、ファクトリーに戻ってチームと一緒にうまく適応していた。準備ができていると感じていると感じている。すべての新しいプロトコルは少し変な感じだし、ファンがいないので間違いなくはるかに静かな週末になるだろう。慣れることはたくさんあるけど、再びレースができることが重要だ。トラックに出ていくのが待ちきれない」


関連:2020年 F1オーストリアGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / F1オーストリアGP