F1
ウィリアムズF1チームは2月17日(月)、2020年F1マシン『FW43』のデジタルイメージを公開した。

新車ウィリアムズ FW43はカラーリングを大きく変更。伝統のネイビーは影を潜め、ホワイトのボディにタイトルスポンサーであるROKiTのコーポレートカラーである赤がメインカラーとして採用され、そこにライトブルーのラインが入る。

昨年、わずか1ポイントしか獲得できず、2年連続でコンストラクターズ最下位に終わったウィリアムズ。プレシーズンテストに新車が間に合わないことで大きく出遅れ、最終戦の時点でも他のミッドフィールドとのギャップはかなり大きかった。

だが、それを避けるために新車『FW43』は昨年マシンのコンセプトを継続して効率性を優先。デジタルイメージを公開後、すでにプレシーズンテストの舞台となるスペイン・バルセロナ・サーキットでシェイクダウンを実施した。

今年はドライバーに2年目のジョージ・ラッセルとルーキーのニコラス・ラティフィを起用する。

ウィリアムズ FW43
ウィリアムズ FW43 ②
ウィリアムズ FW43 ③
ウィリアムズ FW43 ④
ウィリアムズ FW43 ⑤
ウィリアムズ FW43 ⑥
ウィリアムズ FW43 ⑦
ウィリアムズ FW43 ⑧
ウィリアムズ FW43 ⑨
ウィリアムズ FW43 ⑩
ウィリアムズ FW43 ⑪
ウィリアムズ FW43 ⑫


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / F1マシン