ウィリアムズF1 「ロイ・ニッサニーの起用はお金が目的ではない」
ウィリアムズF1チームは、ロイ・ニッサニーを2020年の公式テストドライバーに任命したのは、お金ではなく、あくまでニッサニーの姿勢と強い労働倫理が重要な要因だと主張する。

ウィリアムズF1チームは1月15日(水)にイスラエルのテルアビブでイベントを開催し、F2ドライバーのロイ・ニッサニーがテストドライバーに就任し、今年3回のFP1セッションで走ることを発表した。

この契約には商業的な利点もある。グランプリ週末にはウィリアムズ FW43にはイスラエルのスタートアップのロゴが掲載される。だが、ウィリアムズは、財政を強化することがロイ・ニッサニーを雇う主な動機ではないと主張する。

クレア・ウィリアムズは、必要なフィードバックを提供することができないテストドライバーを雇うことに意味はないと語り、昨年のアブダビでのポストシーズンテストでのロイ・ニッサニーの長期的な開発作業に集中する意欲とエンジニアとのやり取りがチームに感銘を与えた。

「我々は復活への旅路を勧めているチームであり、何が起こっているのかを理解する能力を持つドライバーを必要としています」とクレア・ウィリアムズは語った。

「良い仕事をしてくれるとは思わないドライバーをマシンに乗せても意味はありません。私たちがいるポジションにいるときは特にそうです」

「私たちはマシンで何が起こっているのかを理解し、それを翻訳して開発に役立つことができるドライバーしか起用しません。ロイは、年末にアブダビのテストを行ったときにそれを証明しました」

ロイ・ニッサニーは昨年のアブダビテストの2日間の走行で全体的に最も遅く、チームメイトとりもタップタイムは3秒遅かった。しかし、ウィリアムズは彼をプログラムを実施していたのでラップタイムは関係ないと述べた。

「評価のためにパーツを持ち込むことが重要だったので、タイムシートを興奮させることは目的でありませんでした」とクレア・ウィリアムズは説明した。

「私たちが彼に頼んだ仕事をやってもらうことが重要でした。これは彼への信頼でもあります。以前にF1マシンに乗ったことのないようなドライバーをマシンに乗せると『素晴らしい。これは自分の実力を世界に示すチャンスだ』と意気込んでクラッシュしてしまうこともあります」

「そういったプログラムではなかったので実際にラップタイムは重要ではありませんでした。しかし、私が見たものと我々のエンジニアが学んだのは彼が信じられないほど勤勉だったことです」

「彼は来て、チームと時間を過ごした。彼は必要なものをすべて提供してくれた本当のチームプレイヤーでした。周りにいて、人々と話しました。そういったことがいかに重要であるかは過少評価されるべきではありません」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ