「ウィリアムズは二流以下、もはやF2チーム並み」と元F1関係者
ロシア人ドライバーのヴィタリー・ペトロフの元マネージャーであるオクサナ・コサチェンコは、ウィリアムズF1チームを痛烈に批判した。

かつての名門チームであるウィリアムズは、2019年もコンストラクターズ選手権を最下位で終えただけでなく、9位のハースF1チームからペース面で大きく遅れをとり、ドライバーのロバート・クビサから定期的に批判を受けていた。

「私の意見ではチームは構造的な再編成が必要だ」とオクサナ・コサチェンコは Ivestia にコメント。

「ウィライムズはもはや二流チームでもない。F2チームのように見える」と元ケーハタムで役割を果たしていたオクサナ・コサチェンコは批判した。

「かなり非論理的な戦略的決定、感情的な声明がいくつかあった。結果として彼らは序盤から多くを失い、シーズン中に追いつくことができなかった」

「同時に私はジョージ・ラッセルの才能とロバート・クビサの能力を完全に信頼している。彼らのすべての問題をクルマのポテンサシャルを生かせなかったせいにするなど不可能だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ