F1 ウィリアムズF1 ジェイミー・チャドウィック
ウィリアムズは、ジェイミー・チャドウィックがチームのドライバーアカデミーに加入し、開発ドライバーを担当することを発表した。

21歳のジェイミー・チャドウィックは、シングルシーターとスポーツカーの両方で成功を収めてきた。2015年にイギリスGT4のタイトルを獲得。2018年にイギリスF3でレース優勝を経験し、2018/2019シーズンのMRFウィンターシリーズでタイトルを獲得。今年はWシリーズに参戦して開幕戦で優勝し、ランキングトップに立っている。

ジェイミー・チャドウィックは、F1イギリスGP以降の3つのグランプリでウィリアムズに帯同することが予定されている。

「ウィリアムズ レーシング ドライバーアカデミーに加入できたことを光栄に思います」とジェイミー・チャドウィックはコメント。

「シミュレーターでの時間は自分の成長を助ける素晴らしい機会です。グローブのファクトリーで時間を過ごし、チームの一員となって、出来る限り支援していくことを楽しみにしています」

「ドライバーアカデミーの一員になることは素晴らしいプラットフォームですし、スタートすることに興奮しています」

ウィリアムズの副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズは「ジェイミー・チャドウィックが開発ドライバーの役割でウィリアムズ レーシング ドライバーアカデミーに加入することを発表できうれしく思います」とコメント。

「Wシリーズのシーズン開幕戦でジェイミーが勝利を挙げたホッケンハイムで直接彼女のレースを観戦できたのは喜びでした。コース上での彼女のコミットメントとともに、ジェイミーはウィリアムズノタメノシミュレーター作業を引く受け、チームとともに現場とファクトリーの両方に慣れ親しみ、マーケティング活動に参加することになります」

「モータースポーツにおける女性の昇進は非常に重要なことであり、我々のドライバーアカデミーの一員として女性のロールモデルを築いていくことで若い女性が若い年齢でレースを始めることにインスパイアを与えることを期待しています。ドライバーやエンジニアリング面でモータースポーツが包括的かつエキサイティングなものであることを示せることを願っています。ジェイミーは素晴らしい才能であり、彼女と仕事をするのを楽しみにしています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ