F1 ウィリアムズF1 FW42
ウィリアムズは、2019年F1マシン『FW42』のカラーリングを公開。同時にROKiTとタイトルスポンサー契約を締結したことを発表した。

昨年、マシンコンセプトを一新したものの、コンストラクターズ最下位というチーム史上最低の結果でシーズンを終えたウィリアムズ。今年はミッドフィールドでチームに見合った順位を取り戻すことを期待している。

ウィリアムズは、2019年F1マシン『FW42』を2月11日(月)に発表。昨年末で5年間タイトルスポンサーを務めていたマルティーニとの契約が終了。新たにタイトルスポンサーとして電気通信会社であるROKiTを迎え、『ROKiT Williams Racing』として参戦することを発表した。それに伴い、ウィリアムズ FW42は、ライトブルーのカラーロングが施された。

2019年、ウィリアムズはラリーでの事故から8年ぶりに復帰を果たすロバート・クビサ(カーナンバー88)、そして、昨年のF2チャンピオンであるジョージ・ラッセル(カーナンバー63)をドライバーに起用する。

ウィリアムズ FW42は、2月18日(日)にバルセロナでスタートする2019年のF1プレシーズンテストでコースデビューを果たすと見られている。

ウィリアムズ FW42ROKiT Williams Racing

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / F1マシン / F1スポンサー